忍者ブログ
本の感想
西原理恵子の人生画力対決 1 (コミックス単行本)
「西原理恵子の人生画力対決 1 (コミックス単行本)」
 [コミック]
 著者:西原 理恵子
 出版:小学館
 発売日:2010-03-17
 価格:¥ 880
 by ええもん屋.com
西原理恵子の人生画力対決 2 (コミックス単行本)
「西原理恵子の人生画力対決 2 (コミックス単行本)」
 [コミック]
 著者:西原 理恵子
 出版:小学館
 発売日:2010-09-13
 価格:¥ 880

西原さんが日本全国の有名漫画家に記憶のみで絵を描く勝負を挑む!というもの。
本当に記憶だけで、ブラックジャック、サザエさん、あしたのジョーとかを描くのです。
似てなかったらプロとして笑われるようなこの企画なのに(お客様入れてライブでやっていらっしゃるのです)、まんがに詳しくない私でも知っているような大御所様が登場なさってます。
ちばてつや、藤子不二雄、松本零士、竹宮惠子…。
大御所様になると絵が似てる似てないではなく、その大物っぷりがとても楽しい。
1巻が面白かったので、今回2巻も購入した。
で、驚いたのが浦沢直樹のオールラウンドな上手さ。
妙に器用で鼻につくタイプだ。
でも、基本であるドラえもんがかなり下手くそなので大目に見たい(笑)。
っていうか、この土俵に上がる人、みんなステキだと思う。
PR
オチビサン 3巻
「オチビサン 3巻」
 [単行本]
 著者:安野モヨコ
 出版:朝日新聞出版
 発売日:2010-08-06
 価格:¥ 630
 by ええもん屋.com

待望の第3巻。
表紙の手触り、英訳付き、といつもと同じであることに安心感。
できれば英訳のCDがついてるともっとうれしいのですが。
豆粒町のみんなの四季を一緒に楽しむのが一番なのでそれは二の次ですけども。

最近の新聞連載の方で、パンくい(表紙でギャロップにまたがってる薄茶色の紳士)のバンダナの中味がパンであると明かされていた。
後付け?と思って前の本をめくってみたら、ずっと前からバンダナは何かをくるんでいるような形だった。
ナゼニのバンダナは先がひらりとしているので、最初っからパンくいは隠されたパンと共に描かれていたことに新発見のような喜びを感じる。
東京お侍ランド 2 (ビッグコミックススペシャル)
「東京お侍ランド 2 (ビッグコミックススペシャル)」
 [コミック]
 著者:ほり のぶゆき
 出版:小学館
 発売日:2010-06-30
 価格:¥ 680
 by ええもん屋.com

①の表紙がアレですから、②は当然のようにリボンをつけた女の子(?)。
画像がないのが残念。
篤姫、龍馬ら歴史的有名人と世相が合体して問題提起(笑)。
お白州員制度、江戸ポイント制度、田端-相真楠(タバターアイマックスと読む)、みんな蹴散らす勢いの画風で愉快。
個人的には、毛利元就の息子が訓練して三本の矢を折る力技を身につけたとか、「そんなに龍馬が好きなら龍馬んちの子になっちゃいなさい」のタイトルが好き。
それでも町は廻っている 7 (ヤングキングコミックス)
「それでも町は廻っている 7 (ヤングキングコミックス)」
 [コミック]
 著者:石黒 正数
 出版:少年画報社
 発売日:2010-04-30
 価格:¥ 560
 by ええもん屋.com

7冊めともなると、歩鳥のわが道は確立され、それぞれのキャラクターもわかってきて、安心して読める。
そんな中、森秋先生とおまわりさん松田の意外な面が見られるというおまけはお得感がある。
タッツンという呼び名が歩鳥グループの外にも浸透してきたり、
針原さんにも新しい世界が歩み寄ってきたり、
キャラクターが落ち着いてきた分、そこからの広がりにほんわかしたり、じ~んときたりする。
家、学校、商店街のみんなとの今の感じがずっと続けばいいな、誰ひとり欠けてほしくない、欠けてほしくないことは増えるばかり…
のほほんとしているだけのような歩鳥の悩みはホントに壮大(笑)。
でもこれって、紺先輩との祭りと合わせて、じ~んとくるなあ。
紺先輩も歩鳥の深さを再認識したかもなあと思えるシーンでした。
余計なお世話なことを付け加えると、この歩鳥の悩みはアニメ化に対する
ファンの心の代弁かもしれない(笑)。
いつもどおり楽しめたけれど、ジョセフィーヌの出番が少ないのはちょっと不満。
ロダンのココロ 夏 (朝日文庫)
「ロダンのココロ 夏 (朝日文庫)」
 [文庫]
 著者:内田 かずひろ
 出版:朝日新聞出版
 発売日:2009-06-05
 価格:¥ 630
 by ええもん屋.com

ラブラドールのロダンと、ダンナさん、オクさん、おじょうさんとの楽しくてあったかい生活が大好き。
内田さんのまんがは「シロと歩けば」を先に知り、それからロダンも読むようになった。
ロダンもシロも共通しているのは、犬であること。
まんがの都合上、考えていることは文字になってはいるけれど、犬の思考で、判断で、行動、へんに人っぽくないのがまた好きなところだ。
ロダンの口調はおっさんクサイけれど、やることなすこと本当のワンコなのです。
解説で斉藤由貴さんも書かれていますが、ロダンは楽しいことも(散歩、ごはん)、ちょっとつまらないことも(買い物、雨)、同じように待っているのです、そういうものとして待っている健気なところにきゅ~っとなります。
内田さんが犬のこと大好きだろうな、と感じるのには犬のポーズも関係している。
横になって寝ている時に片前足を顔の下に敷いているとか、胸を起こして座っている時(スフィンクスのポーズ)に前足クロスさせているとか、すっごく犬のしぐさがリアルだと思う。
この本で、なにもしてないようにみえて足を組み変えるロダンが見られて幸せだった(笑)。

今回読んだのは「夏」だけれど、今までに刊行された1~5巻を四季に分けて編集しなおして春・夏・秋・冬の四冊の文庫となったらしい。この「夏」、巻末にはロダンが「シロと歩けば」にゲスト出演したものも掲載されているので、シロファンにも嬉しいこと間違いなし。
ロダンのココロ 春 (朝日文庫 (う21-1))
「ロダンのココロ 春 (朝日文庫 (う21-1))」
 [文庫]
 著者:内田 かずひろ
 出版:朝日新聞出版
 発売日:2009-04-07
 価格:¥ 630
 by ええもん屋.com
ロダンのココロ 夏 (朝日文庫)
「ロダンのココロ 夏 (朝日文庫)」
 [文庫]
 著者:内田 かずひろ
 出版:朝日新聞出版
 発売日:2009-06-05
 価格:¥ 630
ロダンのココロ 秋 (朝日文庫)
「ロダンのココロ 秋 (朝日文庫)」
 [文庫]
 著者:内田 かずひろ
 出版:朝日新聞出版
 発売日:2009-09-04
 価格:¥ 630
ロダンのココロ 冬 (朝日文庫)
「ロダンのココロ 冬 (朝日文庫)」
 [文庫]
 著者:内田 かずひろ
 出版:朝日新聞出版
 発売日:2009-11-06
 価格:¥ 630


是非、「シロと歩けば」もまた入手しやすくして欲しいです。

HOME 次のページ
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
更新中
RSS表示パーツ
ブログ内検索
読書メーター
カクテキさんの読書メーター
アクセス解析