忍者ブログ
本の感想
純情期
純情期
posted with amazlet at 08.10.15
小川勝己
徳間書店
売り上げランキング: 342730

タイトルと表紙イラストは爽やかな青春小説を連想させるがちょっと違う。
青春小説に変わりはないが、下半身関係に特化した青春小説だ。
初体験することばかり夢見る中学2年生の優作は夏休み前のある日、全校男子生徒がノーマークの女性体育教師瑠璃子先生に夢中になる。
夏休みも会いたいばっかりに瑠璃子先生が顧問の体操部へ入部、母親は突然のやる気に喜ぶがその動機はかなり…(笑)。
身体の硬さに苦労する中、なんと同じクラスの悪、瀧口までもが入部してきた。
瀧口も瑠璃子先生へ特別な感情を持っているのだが…。
優作の瑠璃子先生への想いはおバカさんで微笑ましいが、瀧口の想いは負のパワーで満ち溢れていて、小川さんの小説だなと実感できるところ。
エッチな描写の連続が時に気恥ずかしく、時にバッカじゃないの?と素直な気持ちを吐き出させてくれる(笑)。
瀧口がらみのことがどういう結果になるのかは夏休み明けまでわからないようだが、頭の中を渦巻く瑠璃子先生への妄想は変わらなくとも、おバカさんとして少しだけ成長した優作が見えるようでした。

そして気になるのはいつぞやの小川さんの日記に書かれていた「彼岸の奴隷」をお母さんに薦められて読んだという女子中学生のこと。
このお母さんは「純情期」も読んで娘に薦めるのだろうか。
もう女子中学生ではないかもしれなが。

彼岸の奴隷 (角川文庫)
小川 勝己
角川書店
売り上げランキング: 177915

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
すみませんが、純情期という本のイラストの画者を探していますが、お名前はキリノですか?それとも別の?
もし表紙に書いたら、教えてください。
北赤道暖流 2010/07/11(Sun)  15:55 編集
Re:北赤道暖流さん
これは図書館本なので、手元に実物がないので絵を描かれた方はわかりません。
遅くなったうえに情報もなく申し訳ありませんが。
【2010/07/16(Sun)  10:42】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
「目からハム シモネッタのイタリア人間喜劇」田丸公美子 HOME 読書メーター、新機能
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
更新中
RSS表示パーツ
ブログ内検索
読書メーター
カクテキさんの読書メーター
アクセス解析