忍者ブログ
本の感想
アウトアンドアウト
「アウトアンドアウト」
 [単行本]
 著者:木内 一裕
 出版:講談社
 発売日:2009-07-30
 価格:¥ 1,575
 by ええもん屋.com

「水の中の犬」でその男気に涙した矢能を中心にした物語。
話は独立しているので「水の中の犬」を読んでいなくとも入っていけるが、読んでいると泣き所が確実に増える(笑)。
依頼人になるはずの男を殺された矢能が、事の真相を嗅ぎつけて選んだというか選ばせた道、犯人であるはずの数馬という青年が真相を知って選んだ道、ここが山場だったなあ。墓地で矢能と数馬は確かに心が重なっていたはずだもの。
両者が重なってからの作戦はちょっぴりできすぎの気がするけど。
テレビや人が何と言おうと「おまえが感じたことが正しい」と言い切る矢能にやっぱり惹かれる。
殺人マシーンのように報道された数馬だったが、その生い立ち、短く畳み掛けるような文体が数馬の寂しさを強調しているようにも感じられ、ここも私には好きなところだった。
「わたしが感じたことだけを信じよう」と思える理恵はきっと数馬の心に温かみを添えてくれる存在になったはず、と連想もできるし。
矢能を主人公にした話は続くのだろうか。
大切なものがわかってしまって、これからどうなっていくのか興味もあるけど見たくないような気もする(笑)。
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
短く畳み掛けるような文体
あぁ、漫画っぽいですね~。さすが漫画家です。
一線で活躍された漫画家ですから、小説家に転身してもすごいんだ~、なんて思っちゃいました。
たたみかけられてしまうので、ページをめくる手が止まらない。退屈しないですね!
木内さんでネットを探してみると、新作
『神様の贈り物』も先月出されたとか。
木内さんの事がまとめてあるサイトも見つけました。
http://www.birthday-energy.co.jp/

『藁の楯』の映画化が成功するかは、藤原竜也さん次第みたいですね。
これもおもしろそう!!
幹太 2012/10/30(Tue)  11:38 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
久しぶりに応募 HOME 「裏切り」カーリン・アルヴテーゲン
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
更新中
RSS表示パーツ
ブログ内検索
読書メーター
カクテキさんの読書メーター
アクセス解析