忍者ブログ
本の感想
昨日の新聞広告で知ったのですが、東京創元社が文庫創刊50周年記念フェアを開催中とか。
どうでもいいことですが、私は文庫の中では創元が一番好き。
複数の出版社で出ている時は創元を選ぶくらいに。
例えばバリンジャーのこれとコレ。

煙で描いた肖像画 (創元推理文庫)
「煙で描いた肖像画 (創元推理文庫)」
 [文庫]
 著者:ビル・S. バリンジャー
 出版:東京創元社
 発売日:2002-07
 価格:¥ 714
 by ええもん屋.com
煙の中の肖像 (SHOGAKUKAN MYSTERY―クラシック・クライム・コレクション)
「煙の中の肖像 (SHOGAKUKAN MYSTERY―クラシック・クライム・コレクション)」
 [単行本]
 著者:ビル・S. バリンジャー
 出版:小学館
 発売日:2002-05
 価格:¥ 1,785

読んだのは当然「煙で描いた肖像画」の方。
他には思いつかないけど(笑)。エラリー・クイーンなんかがそうじゃないですか。うっかりしてますね。(4月29日追記)。

創元のフェアで注目なのが読者プレゼント。
ロゴ入りペン、特性図書カード、オリジナル・ブックカバー、Wチャンスとしてポストカード、とありますが私の狙いはオリジナル・ブックカバー。
なぜならキャンバス地だから。
最近のプレゼントであるブックカバーって素材が合皮とかビニールじゃないですか。
あれが私はダメで、昔の新潮文庫のフェアでもらえたカバーを懐かしく思っていたところなので食いつきも激しい。
新潮文庫のカバーも、昔はあまり本を読まなかったので読書好きの姉が持っていたので知っている程度。
今わかる本の楽しみと、キャンバス地のブックカバーのありがたさ、というわけですよ。
問題なのはこれが全員プレゼントではなく300名にしか当たらないということ。
買えばいいと思われるでしょうが、プレゼントというのがポイントなのですっ!
さあ、何を買おうかな。
とりあえず一冊は「検死審問ふたたび」を、と思ったのにどうやら応募券がついてないらしい(書店員の知人情報)。
まだ締切には間があるのでゆっくり考えることにします。

検死審問ふたたび (創元推理文庫)
「検死審問ふたたび (創元推理文庫)」
 [文庫]
 著者:パーシヴァル ワイルド
 出版:東京創元社
 発売日:2009-03-20
 価格:¥ 987
 by ええもん屋.com

PR
本の雑誌 309号
「本の雑誌 309号」
 [単行本(ソフトカバー)]
 出版:本の雑誌社
 発売日:2009-02-10
 価格:¥ 530
 by ええもん屋.com

前から発売日は「10日頃」で10日と決まっていたわけではない(たぶん。配送状況でも違うのかも)。
しかし存続の危機の報を聞いてからというもの、10日を過ぎても書店に来ないと心配でたまらない。今月号も昨日ですよ。
しばらくは大丈夫、とは聞いているんだけどもね。余計なお世話でごめんなさい。
そろそろ読者からの反応が誌面に載り始め、みなさん値上げも厭わない覚悟のようだ。
それほど手作り感のある、親しみやすい雑誌なのだな、と。
私も全部が全部というわけではないが他の書籍紹介雑誌よりも趣味が近いと感じるのでなくなられては困るなあ。
ところで、執筆陣の一人が「100万までならいつでも出せる」と力強い言葉を発したと聞き、本の雑誌から作家になられたあの方だったらいいな、と思っておりましたがどうやら違うお方のようでしたね。

次号は310号を記念して誌面がリニューアルされるらしい(定価も上がるらしい)が、今月号から新刊ガイドが最初に来て微妙にリニューアル開始している模様。
そして「判決の誤差」が読みたくなってまいりました。
判決の誤差
「判決の誤差」
 [単行本]
 著者:戸梶 圭太
 出版:双葉社
 発売日:2008-12
 価格:¥ 1,680
 by ええもん屋.com


福家警部補の挨拶 (創元推理文庫)
「福家警部補の挨拶 (創元推理文庫)」
 [文庫]
 著者:大倉 崇裕
 出版:東京創元社
 発売日:2008-12
 価格:¥ 819
 by ええもん屋.com

大倉崇裕さんの「福家警部補の挨拶」からオッカムの剃刀がNHKの正月ドラマとして放送されました。
ストーリーの詳細は忘れていたものの、見ているうちに思い出してきました(なんとなく)。
でもあんなキメ台詞、あったっけ?読み返す必要アリか?

最初に犯人が犯罪を犯すところを見せるというコロンボ系なのですが、犯人がぬいぐるみネコで「ニャー」→メガネのない被害者「なんだ、ネコか」には、どうしていいやら…。
あまりコメディ色を感じずに読んだせいか、このつかみには少々困った。
しかし繰り返されるこの手の小ネタはキライでない(笑)。
好きだったのは被害者が持っていた掛布の顔が書かれたライターの指紋ネタ。
被害者以外の指紋は誰だ?となった時の、ウケを狙うつもりの「掛布じゃないのか?」に「その可能性も捨てきれません」「そう思って掛布のデータを集めてみました」と経歴上映。阪神ファンだから?(笑)
きたろうさんも出演されていたので(福家に「君の推理にはうんざり」みたいなセリフがお気に入り)、全体としては楽しめましたが私のイメージする福家とは微妙に違っていたなあ。
もっと、まわりに埋もれてしまっている感じだったんだけど。警察手帳も早く見つけすぎだし(笑)。
鑑識やってた小泉孝太郎さんには好印象、心の声が漏れるところとか。
最近の雰囲気俳優よりもかなり好感持てたですよ。日本のドラマほとんど見てないくせにプチ悪口はいけませんね。
シリーズ化されるのかなあ?
されるのだとすれば、福家の視線をもっとクローズアップして欲しいな、と思ったり。
ドラマ終了後にハイビジョンで放送スタートするコロンボのCMが入ったのにはびっくり。
このドラマはコロンボの宣伝だったのか…?

心が壊れた犯人というのが最近見たミステリチャンネルの「バーナビー警部」と丸かぶりだったのは個人的に衝撃的だった。電話で話してるところまで一緒でしたよ。
読む冊数が少ないので、もう一つと統合しちゃおうかなとも考えた時期もありましたが、
訪ねてくださる方はほとんど重なっていないので、やはり海外ドラマつっこみと本は分けたままにすることにしました。

海外ドラマの方はテレビ放送がメインなので「今見ているもの」が合致することが多いです。
しかし、本は私が流行をあまり意識していないせいか「同じ頃に同じ話題」というのがほとんどなく、
それをどうとらえたらいいか迷うこともありました。
結局は本もブログも「読みたい時に読みたいものを」ということに落ち着きましたが。
こんなマイペースブログですがお付き合いくださる方のいることに感謝です。
来年もくだらないことを思いついたままに書いていきますので、みなさまも思いついたことを残していただけたらありがたいなと思います。

それではみなさま、よいお年をお迎え下さい。
たいへん面白かった「福家警部補の挨拶」の中の一編「オッカムの剃刀」がNHKで放送されます→NHK海外ドラマスタッフ・ブログ
海外ドラマブログなのでコロンボとの共通点やオッカムの剃刀が話題に登場したドラマのことなどが書かれてます。
が、私はもう一つ特筆したい。
「福家警部補~」の著者、大倉さんがコロンボ好きだということを。
これも書かなきゃダメでしょう(笑)。
前のページ HOME 次のページ
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
更新中
RSS表示パーツ
ブログ内検索
読書メーター
カクテキさんの読書メーター
アクセス解析