忍者ブログ
本の感想
耳をふさいで夜を走る
石持 浅海
徳間書店
売り上げランキング: 110849

本質とは別のところにあるかもしれないが涙を誘われた「温かな手」、推理の展開は横に置いておいてもとんでもない設定で楽しめた「人柱はミイラと出会う」とは対極。
「BG、あるいは死せるカイニス」と同じ組だな。
出版されている本を全て読んでいるわけではないが、私には石持さんの本は「好き」か「嫌い」にはっきり別れるみたいだ。
そうわかってるならあらすじ読んで判断しろよ!ってつっこみはナシです。
表紙見返しの内容紹介で主人公並木が人を殺す、しかも連続殺人を決意しているのだからそういう話だとは想像つく。
でも最初に銘打っていればそれだけではないものを期待するじゃないですか。
確かにそれだけではないのですが…。
小説内で人が殺し殺されるのは「そういう話」だとして読めるけれど、意識の操作には嫌悪感。
まして善人面したその下で実験と称してのことだもの。
小説内での話として読めない自分がどうかしているのだろうけれど。
命を操作するような「BG~」と同じ匂いがする。
覚醒、あちら側、こちら側、という言葉が薄気味悪く感じられる読後感でした。
並木やその仲間がどういった組織に属していて、殺すつもりの女性たちがどういった境遇におかれているのか、最初には説明がないので組み立てながら読むのは魅力的だったけども。

マンドレイクの伝説は知っていたが、アルラウネが同じものを意味するとは…。
不勉強でした(苦笑)。
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
「やみくも 翻訳家、穴に落ちる」鴻巣友季子 HOME 「しらみつぶしの時計」法月綸太郎
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
更新中
RSS表示パーツ
ブログ内検索
読書メーター
カクテキさんの読書メーター
アクセス解析