忍者ブログ
本の感想
殺意は必ず三度ある (ジョイ・ノベルス)
実業之日本社
発売日:2006-05-16
おすすめ度:3.0

鯉ヶ窪学園野球部のベース一式が盗まれた!探偵部が捜査を開始するがその渦中、練習試合に向かった飛龍館高校グランドで野球部監督の死体が発見される。またもや殺人事件に関わることになってしまった探偵部員たち。捜査の続けられる中、第二の殺人が起きる。果たして動機は?そして探偵部は今度こそ犯人を指摘できるのか?

「学ばない探偵たちの学園」の続編。
前の事件の数ヵ月後と書かれている。推理小説のシリーズ物とはそういうことなわけだけど、国分寺市って治安悪いな(笑)。
話は例によって本筋とは直接関係のない笑いどころが散りばめられている。2作目となればキャラクターにも馴染んできているのでなおさら楽しい。
しかし殺人のトリック、私には難しかった。図を使っての説明で「ふ~ん、そうだったのか」という程度。動機もなんだかそんな大それた事件に匹敵するかというと甚だ疑問。まあ、犯人がそう思ってしまったのだからしょうがないけど。
探偵部と同じことで驚愕した推理披露時の真実の方が「あっ!」という感じだった。
途中祖師ヶ谷警部、烏山刑事を交えての事件捜査っぽいシリアスな意見の応酬に感動して涙する部長とか変な方向にヴァージョンアップした様子も見られるけれど、結局探偵部の推理は的外れなのでご安心を。
野球は結構好きだと思っていたのに、「補殺」を「捕殺」と誤解していたことを初めて知った。赤坂も得意そうに誤解説を語っているのでよくある間違いみたい。
で、探偵部顧問の石崎はどうした?あんなに気が合ってる風だったのに一言も触れられてないのが不思議でならない。事件を解決できる人は二人もいらないってことだったのかしら。
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
「パリ犬」酒巻洋子 HOME 「逆説探偵 13人の申し分なき重罪人」鳥飼否宇
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
更新中
RSS表示パーツ
ブログ内検索
読書メーター
カクテキさんの読書メーター
アクセス解析