忍者ブログ
本の感想
本の雑誌 307号
本の雑誌 307号
posted with amazlet at 08.12.13

本の雑誌社
売り上げランキング: 2331

今月号の特集は「2008年度ベスト10」。
ノンジャンルでとにかく面白かったものを合議制でランク付けするという恒例企画。
それはそうと、驚いたのが編集後記と「今月のお話」に書かれていた休刊が視野に入っていたという事実。
そもそも実際に携わっていなければ読んでる雑誌がなくなるかも、などと考えもしない。
そうか、世界的な波がここにも押し寄せてきたのか。
だからといってできることは何もなく、
宮田さんがまたへんてこりんで面白そうな本を紹介していることを喜び、
お、この人は新連載かな?と先行きを想像してみたり、といつもどおり。
う~ん、学生の頃から買い続けているのでなくなるなんてことは想像できないなあ。
というわけで、たくさんの人の目に触れるといいなと願って、今月号には伊坂幸太郎さんが本屋大賞の副賞(図書カード10万円分)を使って仙台の書店で買い物をしたドキュメントが掲載されているというのを特筆しておこう(笑)。
伊坂さんは読みたい作家だが、図書館ではあまり姿を見かけない。
入荷がないのではなくいつも貸出中ということ。
そうなると、手に湿疹のできやすい私には敬遠する本行きとなる。
買えばいいのでしょうけどね(笑)。
で、伊坂さんの買い物ドキュメントのこと。
買った本のリストも一緒に載ってますがわからないものから親近感を覚えるものまで多彩。
本棚を見るのに通じるものがありますね。
「収容所群島」、前のを持ってますが読んでないうちに他所で復刊されたのね…
「バンドライフ」、吉田豪さんだから私も読みたいと思ってた!角川関連のあの方も載ってるかしら…?
と一つ一つに感想持ちながら一番感銘を受けたのは「漫画は、大きければ大きいほど楽しい」という伊坂さんの持論。
心がゆったりできるような、伊坂さんの物事への目の向け方が想像できるようないい言葉だなあ。
あ~、私も本屋大賞獲りたいなあ。←「図書カード10万円分欲しい」の間違い。
伊坂さんが他には何を買ったのか、果たして10万円使い切ることができたのか、気になる方は発売中の「本の雑誌1月号(307号)」を購入して確認を!
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
「アンダーリポート」佐藤正午 HOME このミステリーがすごい! 2009年版
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
更新中
RSS表示パーツ
ブログ内検索
読書メーター
カクテキさんの読書メーター
アクセス解析