忍者ブログ
本の感想
アンダーリポート
アンダーリポート
posted with amazlet at 08.12.25
佐藤 正午
集英社
売り上げランキング: 151690

検察事務次官の古堀の元を15年前隣に住んでいた少女が訪ねてくる。大学生になった彼女、村里ちあきは自分の父親が殺された事件に関係するかも知れない記憶を母親に否定され、当時親しい関係にあり、事件の第一発見者でもあった古堀から記憶の間違いなどないと言ってもらいたいかのようだ。筆まめで日記を克明につけていた古堀は忘れられない記憶と日記から「何があったのか」ちあき以上にのめり込んでいく。

第一章では古堀が会いに行ったのは誰なのかは知らされない。
最終章は古堀が第一章の人物と今まさに会おうというところで終わる。
すると自然に最初のページに戻りもう一度第一章を読んでしまう。
ミステリではないので誰が犯人かとかトリックがどうだとかは関係ない。
そうしなければならないと信じてしまった人と人の結びつき、道を選んだことでのその後のつながり、そういったものが強く圧し掛かってくる。
もし戒める力がどこにも見つからなければ、いまあなたがやろうとしていることは、あやまちではない
正当化のために捏造したのか、本当に語って聞かされたことなのか、古堀同様とても興味を惹かれる言葉だ。
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
キリ番 HOME 不況の波がここにも…
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
更新中
RSS表示パーツ
ブログ内検索
読書メーター
カクテキさんの読書メーター
アクセス解析