忍者ブログ
本の感想
5月に読んだ本で得た豆知識を家族に披露したら鬼畜扱いされました(笑)。
どの本のどことは申しませんが、想定のことではなく、著者もあとがきで参考元を書かれているように、本当のことなのですよ(たぶん。情報元までは見てないから)。
それなのに、私が責められるの…(泣)。


5月の読書メーター
読んだ本の数:9冊
読んだページ数:2257ページ

絶叫委員会―天使的な言葉についての考察絶叫委員会―天使的な言葉についての考察
自分も参加しているのに意味不明に思える言葉も興味深いけれど、まったくの通りすがりの言葉はまさに天使かも。
読了日:05月30日 著者:穂村 弘
整形前夜整形前夜
熱中していた作家の本に突然寄り付かなくなるとか、階段を降りる時にふと感じることとか、わかるなあ。
読了日:05月28日 著者:穂村 弘
のら犬ローヴァー町を行く (Hayakawa novels)のら犬ローヴァー町を行く (Hayakawa novels)
シニカルで厳しく優しい、生きることに正面から向き合っているローヴァー、かっこいいです。
読了日:05月22日 著者:マイクル・Z. リューイン
雑貨コレクターのうちの中雑貨コレクターのうちの中
ものがぎゅうぎゅう犇いているのを想像したが、すっきりしていることに驚く。到達点を過ぎたからこそとも言える、その過程を読めるのも楽しかった。
読了日:05月19日 著者:森井ユカ
それでも町は廻っている 7 (ヤングキングコミックス)それでも町は廻っている 7 (ヤングキングコミックス)
タケルのカード仲間、ドラマーとして誘われる針原さん、タッツンの呼び名の広がり、そんな町が廻っているからこその広がりが気持ちよかった。ジョセフィーヌの登場不足は大問題ポコ(笑)。
読了日:05月19日 著者:石黒 正数
心とろかすような―マサの事件簿 (創元推理文庫)心とろかすような―マサの事件簿 (創元推理文庫)
パーフェクトブルーより、マサの生活感が強く漂っていて、犬好きには匂いまで感じられるようだ(笑)。残酷な事件にも、わずかでも人を信じる心を残してくれているところが好き。
読了日:05月14日 著者:宮部 みゆき
襲撃者の夜 (扶桑社ミステリー)襲撃者の夜 (扶桑社ミステリー)
「オフシーズン」とまとめて読みました。前作のほうが好みだったかな。民家まで出向いてきたうえに語られてしまったことで、得体の知れない恐怖が薄まってしまった気がする。
読了日:05月09日 著者:ジャック ケッチャム
パーフェクト・ブルー (宮部みゆきアーリーコレクション)パーフェクト・ブルー (宮部みゆきアーリーコレクション)
設定だけだと青春ものなのに、苦すぎる。ただ兄貴が大好きだった、と言える進也の清々しさに救われます。個人的には、犬の名前とジャーマンシェパードに食いついてしまいました(笑)。
読了日:05月04日 著者:宮部 みゆき
オフシーズン (扶桑社ミステリー)オフシーズン (扶桑社ミステリー)
襲撃が始まってからの勢いにやられました。残酷描写は人を優しく見守る心があるからこそだと。
読了日:05月02日 著者:ジャック ケッチャム

読書メーター
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
「バセンジーは哀しみの犬」 キャロル・リーア・ベンジャミン HOME 「初恋ソムリエ」 初野晴
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
更新中
RSS表示パーツ
ブログ内検索
読書メーター
カクテキさんの読書メーター
アクセス解析