忍者ブログ
本の感想
特に意識はしてないが、このくらいが自分のペースですね。
基本的に本を読むこと、ドラマを見ること、どちらも広がる想像が魅力なので何を見ても楽しい。向き不向きはあるが。
自分には起こり得ないことを見せてくれるからいいのであって、だからこそ悪人であるにも関わらず好きになったり、誰が見ても善人が鼻についたりする。
天邪鬼と言えないこともない(笑)。

少しずつ読書メーターに過去に読んだ本を登録しているのですが、ブログ始めてるのに感想書いてない本が意外とあることに自分でびっくり。
そのころはもうひとつのブログのカテゴリのひとつだったからあえて書いていなかったのかも。

先日、「世にも奇妙な物語」で「探偵綺譚」のスイッチがドラマになっているが見るかどうかわからないと書いたが、そのエピソードだけ5分遅れくらいで見た。
江草君とメガネ君は仲良くなってからスイッチもらったのかな?
主人公が大学生、女の子絡みネタ、起爆装置を押したのがもらってから7日後、まんがのオチにさらにオチがプラスされるという脚色でありました。
私はまんがのままの方が好きかな。起爆装置を押すのが翌日というのがいいんじゃないかな?と(笑)。

3月の読書メーター
読んだ本の数:8冊
読んだページ数:2680ページ

川は静かに流れ (ハヤカワ・ミステリ文庫 ハ 24-2)川は静かに流れ (ハヤカワ・ミステリ文庫 ハ 24-2)
少しずつ露わになることで変化する距離感がたまりません。大切なものはひび割れでも大切なのでした。
読了日:03月30日 著者:ジョン・ハート
嵐を走る者 (ハヤカワ・ミステリ文庫)嵐を走る者 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
人工降雨に興味が持てなかったせいか、いまひとつ。
読了日:03月25日 著者:T.ジェファーソン パーカー
探偵綺譚~石黒正数短編集~ (リュウコミックス) (リュウコミックス)探偵綺譚~石黒正数短編集~ (リュウコミックス) (リュウコミックス)
「スイッチ」がドラマになると聞いて再読。どれもオチがステキ。
読了日:03月21日 著者:石黒 正数
指し手の顔 下―脳男2指し手の顔 下―脳男2
散漫なような…次への布石?
読了日:03月17日 著者:首藤 瓜於
指し手の顔 上―脳男2 (1)指し手の顔 上―脳男2 (1)
読了日:03月14日 著者:首藤 瓜於
たまさか人形堂物語たまさか人形堂物語
ルピナス探偵団を思い出させる人形堂のチームワークがお気に入り。
読了日:03月10日 著者:津原 泰水
アンダーカレント  アフタヌーンKCDXアンダーカレント アフタヌーンKCDX
不幸な道を辿りはしたがそれぞれ暗流に向き合えた結果のラストページの余韻がよかったです。
読了日:03月08日 著者:豊田 徹也
脳男 (講談社文庫)脳男 (講談社文庫)
鈴木一郎を探る旅に引き込まれた。
読了日:03月07日 著者:首藤 瓜於

読書メーター

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
「毒殺魔の教室」塔山郁 HOME 「川は静かに流れ」 ジョン・ハート
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
更新中
RSS表示パーツ
ブログ内検索
読書メーター
カクテキさんの読書メーター
アクセス解析