忍者ブログ
本の感想
毒殺魔の教室
「毒殺魔の教室」
 [単行本]
 著者:塔山郁
 出版:宝島社
 発売日:2009-02-06
 価格:¥ 1,470
 by ええもん屋.com

ある小学校で男子生徒がクラスメイトを毒殺し、自らも同じ毒で自殺するという事件が起きる。すっきりと解明されることもなく被疑者死亡で事件は幕を閉じる。30年後、ある人物が当時の事件関係者に話を聞きに廻りだしその時にはわからなかった事件の側面が見え、事件の背景にあった真実にたどり着く。

インタビュー形式で進んでいく話は好き。
同じ事を体験したのにも関わらずその感じ方は人様々、人物設定というわけではないがどういうキャラクターなのか見えてくるし。
毒殺事件の真相を探るインタビュー小説なのだと思っていたから、その奥に隠された歪んだ情熱が見えてきてからの展開は想像できなかった。
小学6年生にそんな計算が…と思わないでもない。
全てがその時に、ではなくそれまでの人生通じてなのは承知してるけど。
一旦クライマックスを迎えたかに思えたところでの急激な話題転換にもびっくり。
乗せられて質問答えちゃってるよ、この人!というのはつっこみどころであるのと同時に真相の真相につながっていたことにまたびっくり。
恩田陸「ユージニア」、湊かなえ「告白」を想起させる点がマイナスポイント、と本の雑誌4月号で見たがどちらも未読の私には影響なかったようだ。

ユージニア (角川文庫)
「ユージニア (角川文庫)」
 [文庫]
 著者:恩田 陸
 出版:角川グループパブリッシング
 発売日:2008-08-25
 価格:¥ 660
 by ええもん屋.com
告白
「告白」
 [単行本]
 著者:湊 かなえ
 出版:双葉社
 発売日:2008-08-05
 価格:¥ 1,470
本の雑誌 310号
「本の雑誌 310号」
 [単行本(ソフトカバー)]
 著者:本の雑誌編集部
 出版:本の雑誌社
 発売日:2009-03-11
 価格:¥ 680

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
「毒殺魔の教室」塔山 郁
『このミステリーがすごい!』大賞2009年・第7回優秀賞受賞作 の塔山郁(とうやま・かおる)の「毒殺魔の教室」。 湊かなえの「告白」さえなければ・・・?
URL 2009/06/16(Tue)09:51:15
「恋文の技術」森見登美彦 HOME 3月のまとめ、世にも奇妙な物語、とか
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
更新中
RSS表示パーツ
ブログ内検索
読書メーター
カクテキさんの読書メーター
アクセス解析