忍者ブログ
本の感想
ちょいな人々
「ちょいな人々」
 [単行本]
 著者:荻原 浩
 出版:文藝春秋
 発売日:2008-10
 価格:¥ 1,600
 by ええもん屋.com

体調悪くて気分が弱り気味でも、笑わせてくれ、世の中をナナメに見る感じも味わえて満足でありました。
特に気に入ったのは連作とも思える「犬猫語完全翻訳機」、「正直メール」。
すべてを知ること=幸せ、とは限らないのだなということを改めて心に刻みました。
でも私もきっと犬用のモニターに応募しただろうな(笑)。
それにしてもこの技術、すごいよね。そしてそれが一つの方向だけというのがまたいいオチ。
いろんなことに振り回されながら、最後に人としての心にたどりつくあたりに、少しだけ奥田さんの「家日和」を感じるのは私だけだろうか?
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
「傍聞き」長岡弘樹 HOME 4月のまとめ&近況
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
更新中
RSS表示パーツ
ブログ内検索
読書メーター
カクテキさんの読書メーター
アクセス解析