忍者ブログ
本の感想
傍聞き
「傍聞き」
 [単行本]
 著者:長岡 弘樹
 出版:双葉社
 発売日:2008-10
 価格:¥ 1,470
 by ええもん屋.com

どれも人の心を信じよう、とあたたかい気持ちにしてくれる短編集。
「迷い箱」は更生保護施設長、「899」は消防士、「傍聞き」は強行犯の女性刑事、「迷走」は救命士、と派手さはないがどれも地域や人々を支える仕事というのは興味深い。
消防士、救命士の登場する海外ドラマは無条件で応援しているので(「サード・ウォッチ」や「レスキュー・ミー」)このふたつの話には少し肩入れしたかも。
ただどの話も「主人公、勘悪くないか?」というのはちょっと気掛かり。
考えをめぐらすのが事件に対しての推理ではなく、人の心の向きを想像するものだから難しいし、正解はないともいえるけど。
元気溌剌の状態で読んだら物足りなく思ったかもしれないが、今の私には合っていた感じ。
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
何故そんな借り方を…? HOME 「ちょいな人々」荻原浩
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
更新中
RSS表示パーツ
ブログ内検索
読書メーター
カクテキさんの読書メーター
アクセス解析