忍者ブログ
本の感想
「世界音痴」の衝撃で、続けてエッセイを読んだら「中った感」があったので御無沙汰していた穂村さん(笑)。
しかし広告で見た「絶叫委員会」の
町には、偶然生まれては消えてゆく無数の詩が溢れている。
不合理でナンセンスで真剣で可笑しい、天使的な言葉たちについての考察。
といううたい文句に心くすぐられて久しぶりに読む。
また中ろうとしているのか、二冊読む(笑)。

整形前夜
「整形前夜」
 [単行本(ソフトカバー)]
 著者:穂村 弘
 出版:講談社
 発売日:2009-04-10
 価格:¥ 1,470
 by ええもん屋.com

「変」になる、に書かれている階段を降りられなくなる感じに共感。
私も時々あるなあ。
どっちの足を出したらいいか、ひどい時などはそもそも足を使うのか?とさえ(笑)。
気持ち悪くて誰にも話したことなかったけれど、他にもいるんだとわかりちょっとほっとしてみたり。
そういう、「ちょっとわかる」というようなプチ共感が嬉しく楽しいから読んじゃうんだよなあ…。


絶叫委員会―天使的な言葉についての考察
「絶叫委員会―天使的な言葉についての考察」
 [単行本]
 著者:穂村 弘
 出版:筑摩書房
 発売日:2010-05
 価格:¥ 1,470
 by ええもん屋.com

見聞きした言葉からその言葉に隠れる真実とか背景が広がって、楽しかった。
一緒に会話をしていた相手が発したのか、たまたま聞こえた会話の断片なのか、初めて通った道での貼り紙なのか、想像のスタート地点が違うことで真意とは違うかもしれないけれども広がる想像(妄想)っていいなあとしみじみする(意味不明?)。
表紙にもある、「でも、さっきそうおっしゃったじゃねえか!」って最高だよね。
相手との関係は意識しながらも、話し終わらないうちに怒りがそれを乗り越えてるのだもの。
ある家の前にあった「猛犬にっこり」も好き。
おそらく「猛犬注意」の「注意」が薄くなったところに「にっこり」と書かれたのだろう。
犬を飼い始めたから配達や検針でやってくる人へ一応の注意を示したものだったけれど、なんとびっくりぜんぜん吠えないの、穏やかったらありゃしない、これは看板に偽りありだな、と文字が薄くなって書き換えるのを待っていたかのような状況が浮かぶ(私だけか?)。
そう思うと、背景が見えない、通りすがりに出会った言葉の方が勝手な想像には楽しいですね。
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
「初恋ソムリエ」 初野晴 HOME 「のら犬ローヴァー町を行く」 マイクル・Z・リューイン
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
更新中
RSS表示パーツ
ブログ内検索
読書メーター
カクテキさんの読書メーター
アクセス解析