忍者ブログ
本の感想
世界音痴
「世界音痴」
 [単行本]
 著者:穂村 弘
 出版:小学館
 発売日:2002-03
 価格:¥ 1,365
 by ええもん屋.com

「によっ記」の穂村さんの初エッセイ集だったらしい。
タイトルを聞いて旅行が苦手?方向音痴?と想像したが、この「世界」とは「雰囲気」かなあ。
自然さを保てないことに苦悩する穂村さん。
うまく言葉にはできないけれど、なんとなく言わんとしていることは伝わってくる。
自分に向けられた感情に対する適正な感情表現の度合い、そんなことを考えてしまうことが世界音痴なんだな。
「パンピー」の、奇妙で的外れな優しさに涙した話など他人事ではない気がしてくる私も音痴なんだろうな。
パンピーって飲み物は知らんが。

半分くらい最後に短歌が添えられている。
私は短歌や詩のように言葉が少ないものを解する力がないのだが、ひとつとても胸を撃たれるものがあった。
サバンナの象のうんこよ聞いてくれだるいせつないこわいさみしい

今さらながら関心が強くなるのでした。
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
「もうおうちへかえりましょう」穂村弘 HOME 「裁判官が日本を滅ぼす」門田隆将
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
更新中
RSS表示パーツ
ブログ内検索
読書メーター
カクテキさんの読書メーター
アクセス解析