忍者ブログ
本の感想
証人たち (シムノン本格小説選)
河出書房新社
野口 雄司(翻訳)
発売日:2008-04
おすすめ度:4.0

病気の妻を抱えたグザヴィエ・ローモンは妻殺しで罪を問われているランベールの事件を担当する裁判長。ランベールは無実を主張するが誰も言い分を正面から受け止めようとしない。しかしローモンはランベールが殺したとの確信が持てず、様々な可能性を探る。審理の結果は…?

これは裁判の行く末に固唾を呑むミステリではない。
ランベールと殺された妻の周辺を知れば知るほどに揺れ動くローモンの心理が見もの。
奔放なランベールの妻とある出来事がきっかけで心を壊してしまった自分の妻がシンクロしたかのような不思議な状態であったのかもしれない。
ローモンの妻が5年もの間伏せっている理由もランベールの話と平行するように語られることで心の揺れをリアルに感じる。
裁判は確かに終わりを迎えるが、それが真実なのかは判断できない。
先にも書いたがこれは裁判小説ではなくそれに関わる人の心理ドラマ。
裁判終了後におとずれた重大な変化をどう受け止め決心するかのローモンを見せるための法廷だったように思える。
この決心には一瞬驚かされるが彼の二重の解放感を素直に見られる自分がいる。
著者はメグレ警視シリーズで有名。
読んだことはなかったのだがこんな心理ドラマを書かれている方だったとは。
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
「出口なし」藤ダリオ HOME 「文学賞メッタ斬り! たいへんよくできました編 2008年版」大森望・豊崎由美
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
更新中
RSS表示パーツ
ブログ内検索
読書メーター
カクテキさんの読書メーター
アクセス解析