忍者ブログ
本の感想
治療島
治療島
posted with amazlet at 08.08.10
セバスチャン・フィツェック
柏書房
売り上げランキング: 91876

著名な精神科医ヴィクトルの娘ヨーズィが診療に訪れた病院で姿を消した。
捜査のかいなく、犯人からの接触もなく行方はわからない。
4年後、仕事も放棄し島の別荘に籠ったヴィクトルの元へ治療を希望するアンナという女性がやってくる。
一端は治療を断るが、統合失調症だという彼女の話は、ヨーズィの事件をなぞるかのようで聞かずにはいられなくなる。
しかしアンナの登場でヴィクトルの周辺で不思議なことが次々と起こり、体調も変化してくる。
アンナはヨーズィ事件の関係者なのか…。

以下、内容を連想させる部分もあります。

読みだすと先が気になる、でも読みながら不安を感じる、読後不安は的中。そういう本でした。
どうなるんだろう?ではなく、まさか○○じゃないよな?というのが「気になる」の正体だったのかも。
正式に種明かしされる前までは(笑)、スリルやドキドキもあって楽しめると思う。
でも…それはないんじゃないのかな?というのが正直な感想だ。

映画化の話があるらしいが最後のどんでん返し(?)はまさに映画的かも。
仕掛けがたくさんあるらしいがもう一度追求する気にはなれないなあ。
きっと不安を感じならが読んだということは既にそこが引っ掛かったということだろうから。

会話に出てくる「真実であってはならないことは、真実であるはずがない」というのはとても気に入った言葉。
現実逃避型の私には座右の銘だな。

「シャッター・アイランド」を思い出したけれど、あれは主人公が実際に体験しているわけなのでちょっと違う。
シャッター・アイランド (ハヤカワ・ノヴェルズ)
デニス・ルヘイン
早川書房
売り上げランキング: 353185

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
こんにちは。コメントありがとうございました。
私の方もトラックバックうまくいかないみたいなので、コメント残していきます。
この本はダヴィンチで紹介されていたけど、他のブロガーさんも読んでない方が多くて、みんなどう思ってるのかなぁと気になっていたのでこうやって感想を語れるのは嬉しいです(^^)

>正式に種明かしされる前までは(笑)、スリルやドキドキもあって楽しめると思う。
でも…それはないんじゃないのかな?というのが正直な感想だ。

ですよね〜!
推理小説として読むには物足りない。。。
精神障害や内的なものを考えるにはいいかもしれませんね。
sonatine URL 2007/10/29(Mon)  14:46 編集
無題
sonatineさん、こんにちは。
これはある意味問題作かもしれません。
重要な部分にたどり着くまではいい感じでしたよね。
それだからこそ、最後にあらら…となります。
カクテキ 2007/10/31(Wed)  13:20 編集
無題
こんにちは、はじめまして。TBとコメントをありがとうございました。さっそくこちらからもお邪魔させていただきました。

>読みだすと先が気になる、でも読みながら不安を感じる、読後不安は的中。そういう本でした。

日本では完全にアウトな部類のオチのつけかたですよね。誰がいつ決めたというわけでもないのだけれど、いつのまにか暗黙の了解として共有されている、タブーのような…(笑)
個人的にはオチそのものよりも説得力のなさの方が気になってしまいました。強引すぎるオチでも納得させられるくらいの力強いものを読みたかったです〜。
ウサミ URL 2007/11/01(Thu)  23:49 編集
無題
ウサミさん、こんにちは。
いけないとはいいませんが、少なくとも私好みではなかったですね。
そんなことに気づかせないくらいの有無を言わせぬ強引さがあれば違ったのでしょうけれど、そうなると別の意味で好みから外れそうです。
繰り返してしまいますが、ある意味問題作です。
カクテキ URL 2007/11/02(Fri)  12:07 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
治療島
治療島セバスチャン・フィツェック (2007/06/21)柏書房 この商品の詳細を見る ベルリン市内に開業する有名な精神科医ヴィクトル・ラーレンツ博士の12歳の愛娘ヨゼフィーネ(愛称ヨーズィ)が、目の前から忽然と姿を消した。診
URL 2007/10/29(Mon)14:40:16
治療島 セバスチャン・フィツェック著/赤根洋子訳 柏書房
治療島セバスチャン・フィツェック 赤根 洋子 柏書房 2007-06-21売り上げランキング
URL 2007/11/01(Thu)23:25:52
「北京大学てなもんや留学記」谷崎光 HOME 「シー・ラブズ・ユー 東京バンドワゴン」小路幸也
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
更新中
RSS表示パーツ
ブログ内検索
読書メーター
カクテキさんの読書メーター
アクセス解析