忍者ブログ
本の感想
死者の部屋 (新潮文庫 テ 22-1)
フランク・ティリエ
新潮社
売り上げランキング: 122560

失業して自棄になった男二人が車で撥ねてしまった男性は200万ユーロも持っていた。失業中の男二人は死んだ男を隠し、金を山分けすることにした。しかし撥ねられた男性は誘拐された少女の父親で身代金を届ける途中だった。少女は死体で発見されることとなる。クリスマス休暇で人手の足りない警察は産休明けでプロファイリングが趣味という双子の母親リューシー巡査長を加えて捜査を進める。

プロファイリングが趣味って(笑)ということで読んでみた。
最初は鼻で笑われながらも、上司たちがそれまでとは違った着眼点に耳を傾けるようになっていく、上司とルーシーの成長話にもなっているのかな?
犯人の異常性が、もうただただ異常で、それだからこそ現実社会にも容易に想像できるのが恐ろしい。
事件の解決よりもそこに至るまでのほうが読み応えを感じる。
映画にもなってリューシーの活躍する続編もあるらしいので読んでみたいかな?

個人的に気になったのは誘拐された糖尿病の少女の描写。
長時間眠らされ目覚めた時に低血糖の症状が現れているのにインシュリンを注射してるのに驚いた。
確かにブドウ糖を口にしはしたがそれは注射の効果が現れて顔に赤みがさしてから、と書かれている。
身内にも糖尿病患者がいるが低血糖時にさらにインシュリンを注射するのは信じられない。
身内はⅡ型、少女はⅠ型、と種類が違うからだろうか。
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
「殺しの儀式」ヴァル・マクダーミド HOME 「本棚」ヒヨコ舎編
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
更新中
RSS表示パーツ
ブログ内検索
読書メーター
カクテキさんの読書メーター
アクセス解析