忍者ブログ
本の感想
ルシアナ・Bの緩慢なる死 (扶桑社ミステリー)
「ルシアナ・Bの緩慢なる死 (扶桑社ミステリー)」
 [文庫]
 著者:ギジェルモ・マルティネス
 出版:扶桑社
 発売日:2009-06-27
 価格:¥ 970
 by ええもん屋.com

私は海外ドラマ好き
加入しているケーブルテレビでNHKのBSはもちろん、FOX、Super!dramaTV、AXN、WOWOW、ミステリチャンネル…といろいろ見てます。
中でもミステリチャンネルはヨーロッパドラマも積極的に放送してくれるのでかなり好き。
そのミステリチャンネルのプレゼントで当選したのですよ、この本は。
それだけで面白さ何割かアップ(笑)。
ちなみに、ミステリチャンネルはこの10月からAXNのグループになってAXNミステリーと局名変更になる。
他局とは少し違う番組選びを貫いてくれるなら大歓迎。
親が大きくなったといことは予算も増えるかも?とヨコシマな期待もしてるし(笑)。

作家の「私」がタイピストとして1ヶ月だけ雇ったルシアナが10年後に電話をかけてきて「相次ぐ近親者の死亡事件の背後にはある有名作家クロステルがいる、自分の身も危ない」と訴える。
「私」はルシアナとクロステルの間に何があったのか聞かされ、この話に巻き込まれていくことになる。

帯に「相次ぐ不審死、ちらつく大作家の影。アルゼンチン発、衝撃のメタミステリー!」とあるのですが、私、正直メタミステリの意味がわかってませんので、ちょっと調べる(笑)。

なるほど。

元々、一つの事柄を多方面から見てその印象の違いを見せるという話は好き。
自分かわいさの脚色、ヒートアップした陰口等、どす黒い内面が見えてくるような気がするから。
この本も、そういう両者の言い分を聞いて「私」が解決を見出すのかと思ったら違いました。
「私」は両者の言い分の中であっぷあっぷ。
そこにクロステルの口から最悪の悲劇の可能性が示唆され「私」は溺死寸前。
ルシアナが病的罪悪感に苛まれているのでは…?と考えると一つ一つの事件が見事に符合してくるのです。
が、「私」は溺れなかった。
突然水が引き、クロステルが語ったものとは別の可能性が見えてきたのでした。
それは酷く後味悪く、溺れた方が楽だったかもとさえ思える。
それが真相かどうかが明示されるわけではないが。
復讐とは、罪悪感とは、と唸り、ミステリというよりは心理サスペンスとして堪能しました。
ミステリチャンネルさん、どうもありがとう!
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
「ゲイ・マネーが英国経済を支える!?」入江敦彦 HOME 「日本のスポーツはあぶない」佐保豊
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
更新中
RSS表示パーツ
ブログ内検索
読書メーター
カクテキさんの読書メーター
アクセス解析