忍者ブログ
本の感想
ゲイ・マネーが英国経済を支える!? (新書y)
「ゲイ・マネーが英国経済を支える!? (新書y)」
 [新書]
 著者:入江 敦彦
 出版:洋泉社
 発売日:2008-03
 価格:¥ 819
 by ええもん屋.com

入江さんの書かれている京都モノは敷居が高すぎていまひとつなのですが、英国モノは映画やドラマで生じた憧れもあり、たいへんに興味深い。
なので手に取ったこの本。
内容はタイトルどおり、高収入で、形に残らない楽しみ(趣味や旅行とか)にためらわずにお金を使う同性愛者に支えられ、18兆円を越す巨大マーケットとなった英国のピンクポンドのお話。
簡単に言ってしまうと、企業が率先して同性愛者を支援し、結果顧客としてつかみ、みんなが潤った、ということ。銀行の貸付も楽になって家を手に入れやすくなった等、使う規模もかなりのもの。
高収入でお金を使うことに眼をつけた企業の目的は金を使わせることだろうが、それだけでは安心した消費にはつながらなかっただろう。
バラマキ作戦等、うわべだけの受け皿の空しさをどこかの国の政治家は早く気付くべきだと思う。
最近、自分は人種や性に対して偏見がないのか無関心なのか、その違いを考えることがある。
この本でもそれを感じざるをえない話題とぶつかった。
世界保健機関が公式文書から病名として「同性愛」を削除したのが1993年のことだとか。
そんなに最近まで病気とされていたとは全く知らなかった。
今ではホモフォビアのほうが精神疾患としてみられているということも。
そして憧れの国だから、ということで英国のゲイ事情の本を読んでいるけれど、日本の現状は全く知らないんだよね…。

この本の発行は2008年3月と、一年半も前。
当然参考にされた資料はその当時のもの(1ポンド250円だって!)なので、1ポンドが150円台に落ち着いた今、ピンクポンドパワーはどうなっているのかな?
入江さんにこの後のリポートもお願いしたいですわ。
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
「ハラショーな日々」イワノワ・ケイコ HOME 「ルシアナ・Bの緩慢なる死」ギジェルモ・マルティネス
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
更新中
RSS表示パーツ
ブログ内検索
読書メーター
カクテキさんの読書メーター
アクセス解析