忍者ブログ
本の感想
あなたに不利な証拠として (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)
「あなたに不利な証拠として (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)」
 [単行本]
 著者:ローリー・リン ドラモンド
 出版:早川書房
 発売日:2006-02
 価格:¥ 1,365
 by ええもん屋.com

5人の女性警官それぞれを中心に語られる10篇の物語。
ハヤカワ・ポケミスなので警察小説かと思うが実はそれぞれの女性の物語。
エンタメ系の小説ばかり読んでいるせいか初めはとっつきにくかった。
それが読み進むうちに連れて行かれる世界はなんともいえない。
みなまで語らぬ美しさ、とでもいうのかな。
行間から伝わってくるものがとても大切。
こうやって語るのも野暮なくらい。

今、警察・消防・救命士ドラマ「サード・ウォッチ」を見ている。
女性警官ヨーカスの発言に首を傾げ始める今日この頃でしたが、
この本を読んだ後ではまた違った目で見守りたい気もしてきたな。
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
「ポップ1280」ジム・トンプスン HOME 「さくら草」永井するみ
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
更新中
RSS表示パーツ
ブログ内検索
読書メーター
カクテキさんの読書メーター
アクセス解析