忍者ブログ
本の感想
サーバーおじさんの犬がいっぱい
「サーバーおじさんの犬がいっぱい」
 [単行本]
 著者:ジェイムズ サーバー
 出版:筑摩書房
 発売日:2009-03
 価格:¥ 2,310
 by ええもん屋.com

偶然手にしたのですが、犬といえばジェイムズ・サーバーといわれるくらいに犬関連の話をたくさん書いている作家らしい。
イラストも、生活している犬の感じが匂ってくるようでなんともいえない。
表紙にもいるブラッド・ハウンドちゃんのパラパラまんがが右ページ下で楽しめるのもステキ。
サーバーは1930年代から1950年代に活躍した人とのことなので、当然書かれているのもその頃のこと。
でも、時代が変わっても犬をとりまく、犬を愛する人の行動は変わらないのだな、と古さは感じられない。
犬と生活をしたことのある人なら、どれを読んでも頷けるし、そのユーモアにも隣にその犬がいるような錯覚を起こすと思う。
そんな中、メドゥヴィというプードルとの思い出と、死に対して捧げた「メモリアル」は心に沁みる。
これをもっと前に読んでいたなら、まさとのお別れにも毅然としていられたかもしれないと思うとまた涙、だ。
犬は私などよりよっぽど賢くて、その時がきたらたったひとりで受け入れる覚悟ができているのだ、とそう思えていたなら別れの時はもう少し違っていたかもしれない。
こういう気持ちにさせてくれるサーバーも、「メモリアル」について「亡くした直後に書いたので、そこかしこが夕暮れ色に染まっている」というので、愛するものとの別れとはそういうものなのだな、と。
しんみりしてしまったけれど、全編通じてユーモアに溢れていて楽しい本。
気に入った描写を引くと
辛抱強くて熱心なイングリッシュ・ブラッドハウンドが私服警官だとすれば、ジャーマン・シェパードは制服警官だ

ジャーマン・シェパードの犬刑事レックス、本当は制服警官なんだ!(笑)
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
「大恐慌時代 爆笑問題の日本原論6」爆笑問題 HOME 「ダブル・ジョーカー」 柳広司
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
更新中
RSS表示パーツ
ブログ内検索
読書メーター
カクテキさんの読書メーター
アクセス解析