忍者ブログ
本の感想
ダブル・ジョーカー
「ダブル・ジョーカー」
 [単行本]
 著者:柳 広司
 出版:角川書店(角川グループパブリッシング)
 発売日:2009-08-25
 価格:¥ 1,575
 by ええもん屋.com

たいへん面白かった「ジョーカー・ゲーム」の続編。
とは言っても、一話完結式の短編集。
でも、順番に読んだ方が結城への惹きつけられ方が違うと思う。
その結城の過去の任務が描かれる「柩」もいいが、D機関と風機関の仕掛け合い「ダブル・ジョーカー」が一番好き。
この本を読める興奮もあったかもしれないが(笑)。
「この人がD機関の人かな♪」とわくわくしながら読む興奮もあるが、どの話でも話ごとの主人公が最後に愕然とする様にやられる。
そこにこだわると、ラストの「ブラックバード」では涙すら浮かんでくる。
もっと読みたいけれど、どうだろうか。
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
「サーバーおじさんの犬がいっぱい」 ジェイムズ・サーバー HOME 「ミステリが読みたい!2010年版」 ミステリマガジン編集部編
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
更新中
RSS表示パーツ
ブログ内検索
読書メーター
カクテキさんの読書メーター
アクセス解析