忍者ブログ
本の感想
ケータイ・ストーリーズ
「ケータイ・ストーリーズ」
 [単行本]
 著者:バリー・ユアグロー
 出版:新潮社
 発売日:2005-04-27
 価格:¥ 1,470
 by ええもん屋.com

ユアグローさんは来日した時、携帯電話の画面に釘付けの若者の姿に驚いたらしい。
喋るものである電話の他の通信手段にいたく刺激されたとか。
そうして生まれた「新潮ケータイ文庫」で配信されたものをまとめた本。
たて書きです(笑)
これも、たち悪いじゃん。
あっちが子どもでも読める本ならこっちは大人向けかな。
ちなみに先に書かれたのはこっちの方。
携帯に配信されるのだから文字数の制限等もあっただろうが、そんなことを感じさせない奥深さ。
頭の中に不思議な世界が広がってくる。
自分もその場に居合わせ、この不可思議な出来事をふつうのことのように眺めているかのよう。
危ないですか?
それほど気に入ってしまったのですよ、バリー・ユアグローさんを。
お気に入りは「誕生日パーティー」かな。
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
「裁判官が日本を滅ぼす」門田隆将 HOME 「つっこみ力」パオロ・マッツァリーノ
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
更新中
RSS表示パーツ
ブログ内検索
読書メーター
カクテキさんの読書メーター
アクセス解析