忍者ブログ
本の感想
やんごとなき読者
「やんごとなき読者」
 [単行本]
 著者:アラン ベネット
 出版:白水社
 発売日:2009-03-11
 価格:¥ 1,995
 by ええもん屋.com

イギリスの女王陛下が80歳を迎えようというそのお年で読書の楽しみに目覚めてしまった!というお話。
本を読みたい気持ちにとらわれて公務を面倒臭く思ったり、本を読むことで感情が育っていく感じもかわいらしい。
この年になっての陛下の変化を「高齢者特有の変化」と受け止めてしまうお付きのものたちも含めてかわいらしい。
しかし、この女王陛下の変化を見越してか、皿洗いから読書担当人になったノーマンを陛下から引き離すサー・ケヴィンだけはかわいくない(笑)。
陛下とノーマンの引き離され方といったら、身分違いの恋を引き裂かれる悲恋物のようで涙なしには読めなかった(ウソ)。
この時の陛下の諦めというか、全貌ではないけれども何が起きたのかを察した感じが、自分ではどうにもならない女王という立場をしっかと受け止める凛々しささえ感じさせる。大袈裟?
心の成長に年齢は関係ないのだと希望を持てる、楽しい読書でありました。
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
「しろくまカフェ いちご味!」ヒガアロハ HOME 「エコバッグ・ブック」塚本太朗・赤木真弓
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
更新中
RSS表示パーツ
ブログ内検索
読書メーター
カクテキさんの読書メーター
アクセス解析