忍者ブログ
本の感想
エコバッグ・ブック
「エコバッグ・ブック」
 [単行本]
 著者:塚本 太朗,赤木 真弓
 出版:産業編集センター
 発売日:2007-12
 価格:¥ 1,365
 by ええもん屋.com

ドイツを中心としたヨーロッパの様々なお店で手に入れたエコバッグの数々。
ベージュでマチなしという基本的なかたちはほとんど同じ。
で、袋の顔とでもいう部分にそれぞれ店のロゴだったり、アピールしていることだったりがプリントされている。
値段も200~300円というお手頃価格。
レジ袋が有料であるからこそ、こういう安い値段で買えるエコバッグが浸透するのでしょうね。
レジ袋買うくらいならもっと繰り返し使えるこっちを買おうって。
本来エコバッグというのはそういうものでしょう。
どこかの国で、有名ブランドのエコバッグ(3000円くらいじゃなかったかしら?)を買おうと行列に並び、買えなかったと怒る人も出たなんて話を聞いて何かが間違っている気がしたもの。
エコってファッションじゃないものね。
かっこよさではなく、基本型が同じ中で見せるアピールというか工夫。
スタンプみたいな感じでこうして並べて見せてもらえるのは楽しかった。
日本もこんなお手軽のエコバッグをもっと作れないものだろうか。
もちろん、保冷に優れているものとか季節や買うものによって特別仕様なものも必要だけど、基本は繰り返し使える=丈夫で気軽に洗える、だと思うなあ。
見習うべき点を感じた本だったけど、私としては袋にマチが欲しい。
ほとんどマチなしに見えるのは平たく映しているからかしら?
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
「やんごとなき読者」アラン・ベネット HOME 「スットコランド日記」宮田珠己 
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
更新中
RSS表示パーツ
ブログ内検索
読書メーター
カクテキさんの読書メーター
アクセス解析