忍者ブログ
本の感想
だから、ひとりだけって言ったのに
「だから、ひとりだけって言ったのに」
 [単行本]
 著者:クレール・カスティヨン
 出版:早川書房
 発売日:2010-08-06
 価格:¥ 1,890
 by ええもん屋.com

母と娘の関係をテーマにした19の短編。
ひどく落ち着かない気持ちにさせられた。
でも次の話が気になって困るので読んでしまう。
無邪気で、悪意で、無関心ではないけれど無神経、でも愛情は流れているという、本当に居心地の悪い話ばかりだ。
親との関係がうまくいっているとはいえない自分だからそう感じてしまうのだろうか。
でも身につまされるというのとも違う気がする。
この本は12の言語に翻訳されていて、次作はこの本以上にアクの強いものになっているらしい。
この本で感じたことがまた再現されるのか、翻訳されたら読んでみたいと思う。
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
「亡き妻へのレクイエム」 リチャード・ニーリイ HOME 8月のまとめ
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
更新中
RSS表示パーツ
ブログ内検索
読書メーター
カクテキさんの読書メーター
アクセス解析