忍者ブログ
本の感想
たちの悪い話
「たちの悪い話」
 [単行本]
 著者:バリー・ユアグロー
 出版:新潮社
 発売日:2007-02-24
 価格:¥ 1,680
 by ええもん屋.com

「ねにもつタイプ」のところでタイトルに魅かれたとちょっと触れた短編集。

いやー、本当にたちが悪い。
子どもにも読めるように書かれた本らしいが、結末はどれも円くおさまってはいない。
象が人間の学校に入る、少年の聞き役のテディベア、行動を起す小鬼…
どれもが童話風の設定なのに結末は実に現実的。
設定がほんわりしている分つきつけられるものにたちの悪さを感じる。
かといって教訓めいた感じはしない。
どちらかというと読んでいるこっちも「イヒヒ」となる。
私が一番たち悪いか。

「ライバル兄弟」という話など、最後の最後、心配するのはそこかい!とツッコミ。
でも一拍おくと「ま、そうだな」という気がしてくる。
全編そんな感じ。
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
「片眼の猿」道尾秀介 HOME 「ねにもつタイプ」岸本佐知子
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
更新中
RSS表示パーツ
ブログ内検索
読書メーター
カクテキさんの読書メーター
アクセス解析