忍者ブログ
本の感想
片眼の猿 One‐eyed monkeys
「片眼の猿 One‐eyed monkeys」
 [単行本]
 著者:道尾 秀介
 出版:新潮社
 発売日:2007-02-24
 価格:¥ 1,680
 by ええもん屋.com

三梨は盗聴を主体にした私立探偵。
ライバル楽器メーカーのスパイ疑惑を調べて欲しいとの依頼で調査中、殺人事件を「知って」しまう。

読む本は、ある程度の内容を知って「面白そう」等興味をもって選ぶ。
それは最低限のことに限られる。
なのでこれは実に説明しにくい。
どれをとっても仕掛けられたところに関わってくるようで。
仕掛けといっても読むほうの想像に任せられている、というのかな。
その想像を膨らませる方向が違うと騙された、となるのか。
想像していたのと真逆のところもあったが、それは問題でない。
殺人事件なんておまけ。
この本で真に展開されているのは眼に見えていないことの大切さ、かな。
多くを付け足さなくても成り立つということは、特異なんてそういうこと、なわけだ。
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
「わたしを離さないで」カズオ・イシグロ HOME 「たちの悪い話」バリー・ユアグロー
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
更新中
RSS表示パーツ
ブログ内検索
読書メーター
カクテキさんの読書メーター
アクセス解析