忍者ブログ
本の感想
東京バンドワゴン
東京バンドワゴン
posted with amazlet at 08.08.13
小路 幸也
集英社
売り上げランキング: 125317

明治から続く古書店「東京バンドワゴン」を舞台にした大家族を取り巻くドラマ。
あの頃、たくさんの涙と笑いをお茶の間に届けてくれたテレビドラマへ。
と最終ページに小路さんからメッセージが。

大家族といっても各テレビ局で一つは担当している子沢山の殺伐とした家族ではなく(ちなみに私はこの手の番組大嫌い)、四世代が同居しているというもの。
彼らがですね、一見飄々としているようでも家族のことをしっかり見守っているのがステキだ。
べたべたするでもなく、かといって家族のことに無関心なんて人は誰もいない。
これがまたおせっかいとは違うのが心憎い。
近所に対してもそう。
困ってるなら助けてあげたい、でも押し付けちゃいけない、というのがみんなに沁みこんでる。
家族だけでも9人、そこへご近所さんやわけありさんが加わるので登場人物が混乱しそうだが、これが意外にも混乱しない。
語り口もあるのだろうが頭の中に個々のイメージが広がるからかな。
2年前に亡くなったものの、堀田家を離れられないでいるサチおばあちゃんが私を導いていくれているのかもしれない。
章立ては春夏秋冬、それぞれでサチさんが風景も匂わせてくれ、自分も一緒に四季を過ごしているような感じもしてくる。
家族関係にちょいと悩みを抱える私は、今すぐにでも堀田家に飛び込んでいきたくなるなあ…。
続編も出たようなので、それを読むことで耐えるか(苦笑)。
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
東京バンドワゴン
小路 幸也 東京バンドワゴン 「東京バンドワゴン」 小路幸也・著 集英社・出版 『4世帯住宅の古本屋さん』  東京の下町にある古本屋さん「東京バンドワゴン」 店の半分が、古本屋さんで半分が、カフェとなっております。  そのお店を営む、3世帯家族なら
URL 2007/08/26(Sun)23:35:57
「BG、あるいは死せるカイニス」石持浅海 HOME 「死体洗いのアルバイト 病院の怪しい噂と伝説」坂木俊公
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
更新中
RSS表示パーツ
ブログ内検索
読書メーター
カクテキさんの読書メーター
アクセス解析