忍者ブログ
本の感想
町長選挙
町長選挙
posted with amazlet at 08.08.13
奥田 英朗
文藝春秋
売り上げランキング: 4845

精神科医伊良部シリーズ。
図書館本ではないのでとことん寝かせてしまい、ようやく読了。
無条件で楽しいのですが気になることも。

三つの短編で、プロ野球チームを持つ横暴が売りの田辺満男(ナベマン)、若くしてIT業界で成功し傍若無人な買収劇が注目の注安保貴(アンポンマン)、宝塚出身で家庭の匂いをさせないアンチエイジングに取り付かれる四十代の女優白木カオル、がそれぞれ患者となっている。
これは誰でも思いつくあの人たちがモデルですよね。
女優の話はともかく、後の二人の話は現実そのままじゃないですか。
あの騒動の裏にはこんなこともあったのかもしれない、と思いを巡らせて楽しめるけれどあまりにも題材によりかかっているような気がしないでもない。
そう思ってしまうと伊良部が医者っぽいことを言ってるとか(どのへんかは不明・笑)、マユミの私生活は知りたくないとか、出版社の依頼だったのかな、とか…しょんぼりしてくる。

そんなところへタイトルにもなっている「町長選挙」。
伊良部2ヶ月だけの赴任先の離島は町長選挙の真っ最中。
都庁職員で3年間の離島研修中の宮崎良平は買収の波に飲み込まれてあっぷあっぷ。
そんなことお構いなしの伊良部がまた火に油を注いで…ああ、これですよ伊良部は。
なんか最後でスッキリした。
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
町長選挙/奥田英朗
町長選挙/奥田英朗 面白いことは面白いですが、「インザプール」「空中ブランコ」ほどではありません。 実在の有名人をはっきりとわかる形でもってこられると、登場人物に感情移入がしにくくなります。 看護婦のマユミのキャラクタが変わってしまったような気がします。 ..
URL 2007/08/31(Fri)00:45:45
「死体洗いのアルバイト 病院の怪しい噂と伝説」坂木俊公 HOME 「殺された側の論理」藤井誠二
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
更新中
RSS表示パーツ
ブログ内検索
読書メーター
カクテキさんの読書メーター
アクセス解析