忍者ブログ
本の感想
やさしい死神 (創元クライム・クラブ)
「やさしい死神 (創元クライム・クラブ)」
 [単行本]
 著者:大倉 崇裕
 出版:東京創元社
 発売日:2005-01-08
 価格:¥ 1,680
 by ええもん屋.com

「丑三つ時から夜明けまで」が面白かった大倉崇裕さん。

落語季刊誌の編集部員・緑(総勢2名)が主人公のシリーズものの3作目。
前2作は未読だけれど、短編集なので細かいことは気にせずに。
落語会を舞台にして起こる様々な事件を
編集長の洞察力と緑の行動力(?)で解決していく。
寄席の様子から始まるので落語のさわりに触れられる。
でその落語の題目が微妙に事件に絡んでいくという展開。
酷い殺人もでてこないし、解決して暗くなるような話もないので安心して楽しめる。
短編一つ一つが落語の人情話のような感じ。
このシリーズの前作も読んでみようかな、という気になった。
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
「月への梯子」樋口有介 HOME 「死刑囚 最後の晩餐」タイ・トレッドウェル ミッシェル・バーノン
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
更新中
RSS表示パーツ
ブログ内検索
読書メーター
カクテキさんの読書メーター
アクセス解析