忍者ブログ
本の感想
仔羊の巣 (創元クライム・クラブ)
「仔羊の巣 (創元クライム・クラブ)」
 [単行本]
 著者:坂木 司
 出版:東京創元社
 発売日:2003-05
 価格:¥ 1,575
 by ええもん屋.com


安楽椅子探偵モノかと思って読んだ「青空の卵」の続編。
安楽椅子探偵というのも間違いではないけどこの坂木と鳥井のシリーズはミステリな部分よりも感情の部分の占める割合が大きい。
「青空の卵」を読んでからコレを読むまでに相当の時間が経っているのもそのせい。
私には登場人物全てがキレイすぎて眩しい。でも抱えてることは重い。
このアンバランスなところに苦しくなる。
でも読みたくないわけではない。
この微妙な感じをわかっていただけるでしょうか(笑)。
短編集だけども登場人物がさりげなく関わりをつなげて、他の話にも登場してくるのは好き。
それがみんなが期待しているようで不安でもある鳥井の世界が広がることそのものだから。
二作目のコレを読んで坂木と鳥井の関係になれたかと言えばそういうこともない。
でも今度は近いうちに完結編でもある三作目「動物園の鳥」を読むつもり。
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
「夜は短し歩けよ乙女」森見登美彦 HOME 「hon・nin列伝 セキララなオンナたち」吉田豪
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
更新中
RSS表示パーツ
ブログ内検索
読書メーター
カクテキさんの読書メーター
アクセス解析