忍者ブログ
本の感想


恋愛変格ミステリだそうです。
マリオネット症候群 
御子柴里美(高校1年生)はある日身体をのっとられてしまった。
意識はあって物も見えるのに、身体を動かしたり喋ったりしているのはどうやら別の人。
これが噂に聞いた母方の家系に伝わる体質だという(笑)。
憑依されるのは自分が殺した人だというから始末が悪い。
故意か偶然かに関わらず、殺してしまった人の意識が自分の身体の中に入ってくるらしい。
念のために言えば、里美はそそっかしかったから。
自分のそそっかしさから憧れの森川先輩が死んでしまったなんて知ったら立ち直れないと思うが、そこは悲しむ余裕なんてないほど特異な状況に陥り森川先輩と一緒♪とちょっと嬉しそうだったりする。
終盤、里美のさらなる秘密が明らかになったり、あの人があの人の命を奪うとこうなって…と少し混乱しそうになるが落ち着いて読めば大丈夫(笑)。

クラリネット症候群 
養父関さんのクラリネットを黙って持ち出した天罰か、いじめっ子にクラリネットを壊された直後から「ドレミファソラシ」の音が聞こえなくなってしまった犬育翔太(高校1年生)。
関さんに謝りたいのに何やら事件に巻き込まれたようで不在。
その事件がクラリネットに関わっているらしく…。こちらは暗号モノ。
翔太は「ドレミファソラシ」の音が聞こえないため、翔太に聞こえる言葉は全てその音が消されて書かれているので読みにくいことこのうえない(笑)。
しかし暗号文を読み解くような楽しさが!

「イニシエーション・ラブ」の後ではどんな仕掛けもかなわないかもしれないが、2話とも特異な枠の中で破綻のない展開が楽しいです(たぶん)。
両方とも切羽詰っているはずなのにさほど感じられない緊張感、それどころかそこに馴染んでいく対処能力の高さに感動する(笑)。さすが、高校生!なのか?
「クラリネット~」の暗号は音符、点訳と二重変換と凝ってますが、著者は暗号好きなのかしら?(「林真紅郎と五つの謎」
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
面白そうですね!
おはようございます。(*^-^*)
イニシエーション・ラブですっかり騙されていたので、是非別の作品も読んでみたいなと思っていました。この作品も面白そうですね!カクテキさんのレビューがまた楽しい!早く本屋へと思っています。
ろびん URL 2008/06/12(Thu)  07:35 編集
Re:面白そうですね!
「イニシエーション~」のような衝撃はありませんが、楽しめましたよ。
現代高校生のあっけらかんとした深刻さ(←意味不明・笑)がなんともいえません。
こんな感想で大丈夫でしょうか。
ドラマブログのほうで免疫のあるろびんさんだからわかっていただけるのかしら?(笑)

【2008/06/12(Thu)  13:12】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
作家の日記 HOME 「私の男」桜庭一樹
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
更新中
RSS表示パーツ
ブログ内検索
読書メーター
カクテキさんの読書メーター
アクセス解析