忍者ブログ
本の感想
マリアの月
マリアの月
posted with amazlet at 08.07.31
三上 洸
光文社
売り上げランキング: 146369

画家の本庄敦史は、師匠の推薦で知的障害者更生施設「ユーカリ園」でアートワークの指導をすることになる。敦史はそこで、幼い頃に崖から転落した時の頭部損傷の後遺症で精神発達遅滞となった美少女(22歳)河合真理亜と出会う。言葉も話さず何の意思表示もしない真理亜が絵に触れたとたんに才能を発揮する。そんな真理亜の描いた一枚の絵が彼女の運命を大きく揺さぶることとなる。

「アリスの夜」も面白かったけれど、こちらはさらに面白い。
説明してるな~が拭えなかった登場人物の背景がこちらは自然。そして陰謀組織の暗躍ぶりも壮大だ。

事故によって真理亜はカメラアイという力を授かってしまい、事故の瞬間に見てしまったことが頭に焼き付いていることに悩まされ、またハイパー・グラフィアの発作(と言うのかな?)にも悩まされている。
それは敦史が絵に触れさせなければ表に出ることはなかったかもしれない。その深読み責任感以上の感情も敦史に芽生えてしまう。
真理亜は22歳だけどその無垢な様子から子どもにしか見えないようだし。
適役の狂気の追跡と同様、これは「アリスの夜」…?(笑)
そんなこともアートワークグループのみんなと絵を作成する盛り上がりと、事件の骨組みに結びついた後の怒涛の展開を読めばどうでもいいかな。
ただ、師匠の死はどうだろう?。敦史を信じていたことに変わりはないのだろうけれどそこに死を悟ってしまったことの影響を邪推したくなるもの。私だけですか(笑)。
あと気になるのは真理亜は22歳と言っておきながら、PSWの志帆が彼女に選んだ服のなんと幼いこと。かわいいのはわかるけどさ。
それとも無意識に敦史に対して予防線張ってたのか?それなら理解できる(笑)。
あ、今回もGPS機能付き携帯が役に立ってました。

真理亜が苦しむハイパー・グラフィアの症状、以前海外ドラマCSI:NYで作家になりたかった男が家の壁中に原稿を書いてしまうってのがあった。
奥さんに見つかると怒られるから光を当てないと見えないペンで書いてたな。
強いストレスが症状を重くするらしい。真理亜も焼き付いて離れない映像に苦しんだせいだったのかな。
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
「沈底魚」曽根圭介 HOME 「ブラックペアン1988」海堂尊
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
更新中
RSS表示パーツ
ブログ内検索
読書メーター
カクテキさんの読書メーター
アクセス解析