忍者ブログ
本の感想
向日葵の咲かない夏
「向日葵の咲かない夏」
 [単行本]
 著者:道尾 秀介
 出版:新潮社
 発売日:2005-11
 価格:¥ 1,680
 by ええもん屋.com

小学4年生のミチオ。1学期の終業式の日、欠席したS君に夏休みの宿題を届けに行き、S君の首吊り死体を発見してしまう。
急いで学校に戻って先生に報告。先生と警察がS君の家にいくと死体は消えていた。
ミチオの証言が疑われるが、調べてみると死体のあった形跡がある。
誰が何のために死体を動かしたのか?S君は自殺なのか他殺なのか?
お母さんにはウソツキよばわりされ消沈するミチオのもとに死んだはずのS君が「生まれ変わって」現われる。
そして「僕は殺された、身体を見つけて」と訴える…

ミチオとS君とミチオの妹ミカ、3人の一夏の冒険小説かなと思わせる。
でもそんなもんじゃない。
ミチオとお母さんの関係、担任教師の素顔、連続犬猫殺傷事件…
子供に負わせるには酷なことが次から次へと。
嫌な感じがしながらも先が気になる。そんな自分がまたちょっと嫌な感じがする。
でも読み進まずにはいられない。
ミステリなんだけれど「生まれ変わる」という常識外の設定が上手い具合に溶け込んでいる。
そういったことをふまえてもミチオの家の描写は胸が悪くなる。
ミチオが可哀想になりながらも、彼の本心がチラチラ見えると複雑なものがわいてくる。
読み応えはあるけれど読む人を選びそうな、クセのあるお話かな。
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
向日葵の咲かない夏(道尾 秀介)
夏休みになる前、小学4年生のミチオは同級生のS君の家にプリントを届けに行った。ところがS君は自宅で首を吊って死んでいた。ミチオは大慌てで学校に戻り、担任の岩村先生にそのことを告げる。岩村は警察に連絡を入れS君の家に向かうが、S君の死体は消えていた。死んだS君は蜘蛛に生まれ変わり、僕の死体を捜してほしいとミチオに頼む。頼まれたミチオは妹のミカと一緒に真相を解こうとするが…。 最初は面白かったが、死んだものが次々と虫などに生まれ変わるところから、まあ、そういうこともあるのかな、と自分を納得させながら読んだ。登場人物が一貫してないところもあったが、最後まで読ませる何かがあった。
URL 2007/10/24(Wed)18:46:26
「蜂の巣にキス」ジョナサン・キャロル HOME 「月への梯子」樋口有介
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
更新中
RSS表示パーツ
ブログ内検索
読書メーター
カクテキさんの読書メーター
アクセス解析