忍者ブログ
本の感想
いま、殺りにゆきます (英知文庫)
英知出版
平山 夢明(著)
発売日:2006-07-07
おすすめ度:4.0

日常に潜む恐怖を描いた実話短編集とか。
壊れた人々による恐怖の出来事を体験談として取材した平山さんがまとめあげたというつくりらしい。
平山夢明というよりデルモンテ平山の方に馴染みがあるので知らなかったがこういった短編集を山のように出されているのですね。私は…一冊でいいや(笑)。
取材に基づいた実話らしいけれどどこか都市伝説風味。
でも昨今のニュースを見ていると時々信じられないようなことが報じられているからこれも眉唾とは言い切れないのだろうな。
幽霊よりも生身の人間の方が恐ろしいということか。
信じられないような話の連続に一番リアルだなと感じられたのは「警察は何かあるまで動いてくれない」というところ。
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
「イニシエーション・ラブ」乾くるみ HOME 「おそれずにたちむかえ テースト・オブ・苦虫5」町田康
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
更新中
RSS表示パーツ
ブログ内検索
読書メーター
カクテキさんの読書メーター
アクセス解析