忍者ブログ
本の感想
へんな判決
「へんな判決」
 [単行本]
 著者:のり たまみ
 出版:ポプラ社
 発売日:2008-08-04
 価格:¥ 900
 by ええもん屋.com

「へんなほうりつ」と同じ著者が、へんてこりんな判決を集めた本も出していたらしい。
へんな法律や判決は、海外(特にアメリカ。「訴えてやる!大賞」とかあるし)のものと思っていたら、日本もなかなかでした(笑)。
五月女ケイ子さんの絵も、へんてこさに拍車をかけて、楽しむには最適。

海外ドラマで、昔イギリスでは自殺は犯罪だったとか、ピルの処方は既婚者のみとか、事件後一年以内に死亡しないと殺人事件とはならないとか、新鮮な驚きを味わったばかり。
この本で、「イギリスは不文憲法、判例の集積によっての判例法が中心となっている」というのを改めて読み、上記の法律が改定された背景に思いをめぐらしたり。
でも、自分の勉強してきたことを考えると、これらのこと(特にイギリスは不文憲法とか)絶対どこかで聞いてるはずなんだけど、何故か新鮮(笑)。
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
「お好みの本、入荷しました 桜庭一樹読書日記」 桜庭一樹 HOME 「ザ・万歩計」 万城目学
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
更新中
RSS表示パーツ
ブログ内検索
読書メーター
カクテキさんの読書メーター
アクセス解析