忍者ブログ
本の感想
雨に祈りを (角川文庫)
「雨に祈りを (角川文庫)」
 [文庫]
 著者:デニス レヘイン
 出版:角川書店
 発売日:2002-09
 価格:¥ 1,000
 by ええもん屋.com

パトリック&アンジーのシリーズ、とうとう五つ読んでしまった。
現在書かれているものではこれが最後。
あとがきに「ミスティック・リバー」の後にもう一つノン・シリーズ(「シャッター・アイランド」のことか?)を書いたらまた書くつもり、とあるがこの文庫が出版されたのは2002年の9月。「運命の日」と短編集「コーパスへの道」の邦訳は出たものの、このシリーズが書かれたという情報はない。
最初は続きが読みたい派だったけれど、今回シリーズ通して再読してみて微妙に変化。
これがパトリックとアンジーの最後でもいいかもしれない、これでもまだこの仕事を続けようとする彼らは逆に見たくないような気もする。
パトリックは小さな仕事だけしているかもしれない。
でも、電話をもらったのに連絡をとらなかった罪悪感から無報酬でものめりこむような男だもの、続けていないはずはない。
よくよく考えてみると今回の事件も、前作「愛しき者はすべて去りゆく」と微妙に重なる部分があるわけで、それに対しての二人の想いが少々足りないように感じる。
あのことが原因で離れることになったのに、再会して思い出さずにはいられない事を目の当たりにしたのに、終盤の激しい銃撃と合わせて、事件の本筋ではなかったから、というにはさみしいものが。
前作を映画を含めて好きすぎるからだろうか。
ということで私にとって「雨に祈りを」は、シリーズを通じて読むからこそブッバとの友情、アンジーとの意思のつながり、そういったものが沁みてくるのだ、という本ですね。
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
「退出ゲーム」初野晴 HOME 「インドなんて二度と行くか!ボケ!!…でもまた行きたいかも」さくら剛
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
更新中
RSS表示パーツ
ブログ内検索
読書メーター
カクテキさんの読書メーター
アクセス解析