忍者ブログ
本の感想
まほちゃんの家
「まほちゃんの家」
 [単行本]
 著者:しまお まほ
 出版:WAVE出版
 発売日:2007-02-16
 価格:¥ 1,470
 by ええもん屋.com

初めて知ったが、著者は島尾敏雄さんのお孫さんとのこと。
まんがやエッセイをたくさん発表されているが自分周辺のことを書くのは始めてのことだったらしい。
1978年生まれなのに一時代前のような幼少期の生活、高校時代の厳格な一本線(外泊禁止)にご両親の意志を感じる。
ただ行動範囲を狭めるのではなく、何をしたらいいのかわからないでいるのに模索もしないでいる無気力さにお父様が手を上げたというのもわかる気がする。
手を上げられたはずの著者がそれを覚えていないというオチはつきますが。
放っておかれたのではなく人として慈しんで育てられたのだな、とたいへん羨ましい。
人としての感情は生身の人と関わることで芽生えていくのだな、と腹の底が温かくなるような爆弾を仕込まれたようななんともいえない気持ちになった。
島尾敏雄さんといえば「死の棘」しか読んだことはない。というよりもこの衝撃が強すぎて他が読めないとも言う。
まほさんの祖父母として登場するお二人があのトシオとミホなのだと思うと「死の棘」を再読したくなる。

死の棘 (新潮文庫)
「死の棘 (新潮文庫)」
 [文庫]
 著者:島尾 敏雄
 出版:新潮社
 発売日:1981-01
 価格:¥ 820
 by ええもん屋.com

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
2月のまとめとか HOME 「キャプテン・アメリカはなぜ死んだか 超大国の悪夢と夢」町山智浩 
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
更新中
RSS表示パーツ
ブログ内検索
読書メーター
カクテキさんの読書メーター
アクセス解析