忍者ブログ
本の感想
隠蔽捜査 (新潮文庫 こ 42-3)
今野 敏
新潮社
売り上げランキング: 8915

竜崎は東大卒の警察官僚。いつも原理原則に則ったもの言いで「変人」の異名を持つ。そんな竜崎の目の前に過去の犯罪者への連続「私刑」事件が発生する。それが現職警官の不祥事事件とわかった時、組織は隠蔽の道を選ぼうとしていた。自身の息子の不祥事と重ね合わせた竜崎の選択は…?

確かに組織の中にいたら変わり者だけれど、自分たちは生活の保障を得たも同然、それならいつ何時でもピンチには全力でという国家公務員としての覚悟は素晴らしい。
頭ではわかっていてもなかなかできることではない。
それを本当に負担にも感じずにやってみせるのが竜崎という男。
なにせ、今の世の中の公務員の国民の上への胡坐のかき具合といったら呆れるばかりなので「竜崎を見習えよ」と言いたくなる。
しかし、話のスタートの東大以外は大学でない、息子は東大にいかせたいが姉はどこでもいい、妻は家庭を守るもの、といった堅物の見本のような登場には嫌悪を感じたのも事実。
鼻つまみものが主役なんて困ったなあと思うのも束の間、その裏表のなさがだんだん魅力に思えてくる。
彼を慕う部下がいるのも、伊丹が彼に憧れていたのも頷ける気がする。
最後には家庭人としての喜びも知らず知らずのうちに得られたようだし、正義を信じるものの強さに安堵。
続編、竜崎にどんな変化があるのか、あるいはないのか、とても楽しみ。
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
東大、東大って・・・
嫌味やなぁ・・・と最初は思いましたが、ちゃんとそれなりの根拠があって、しかも何も目標がないなら東大に行っておくのが無難だが、理由があるなら別に東大じゃなくても良いと考えているのが分かると、嫌悪感も消えました。
続編、楽しみですね。
ふくちゃん URL 2008/03/20(Thu)  00:05 編集
Re:東大、東大って・・・
最悪な登場だったのもずるいです。あとは好きになるしかないじゃないですか(笑)。
言葉の選び方が誤解を与えてくることもあったでしょうが、その理由は傲慢とはほど遠く納得できるものでした。
こんな変てこりんな人が主役なんて、続編も楽しみです。
【2008/03/20(Thu)  10:15】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
隠蔽捜査
 このブログを始める前も含めて、今までいろんな警察小説を読んできたが、この作品はこれまでの�1である。  主人公・竜崎伸也は、東大出身の国家公務員。いわゆるキャリアである。現在は警察庁長官官房の総務課課長として、雑多かつハードな仕事の中、マスコミ対策も担..
URL 2008/03/20(Thu)00:07:03
『隠蔽捜査』今野敏
(新潮文庫) 2008 こういうの読みたかったんだ。 警察/ミステリ小説だと思って「ヤダナー」と読んだら、なんと予想と全く違って、オッサン小説であった。 警察庁の対マスコミを担うエリートの竜崎の物語である。このオッサンがすごいんだ。ズレてるのにすごい。本人は
URL 2008/08/05(Tue)22:57:47
コミュニティのこと 最終回(たぶん) HOME 「リッチリッチ バーガーズ」イノウエシンゴ
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
更新中
RSS表示パーツ
ブログ内検索
読書メーター
カクテキさんの読書メーター
アクセス解析