忍者ブログ
本の感想
番犬屋マル あなたのたいせつなもの おまもりします。
「番犬屋マル あなたのたいせつなもの おまもりします。」
 [単行本(ソフトカバー)]
 著者:きたやまようこ
 出版:メディアファクトリー
 発売日:2007-03-02
 価格:¥ 1,050
 by ええもん屋.com

得意なことがなにもないマルが、「いぬだからこそ できることが きっと あるはず」というお母さんの言葉で「あなたの たいせつなもの おまもりします」と番犬屋を始めるお話。
失敗を繰り返し、みんなの言葉に耳を傾けながら、少しずつ成長していく姿が健気。
聞かされるだけではぴんとこない教訓も、マルが自分から考えて導かれた結論なので「うんうん」と肌で感じてお兄ちゃんになっていくマルがかわいくてたまりません。
最後の「ほしを かかえた そらが しずかに マルを みまもって いました」というのはステキだ。
みんながみんなを、それぞれに合った距離と力で守り、守られしている、そんな優しい世界が感じられますねえ。
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
「マイ・ブルー・ヘブン 東京バンドワゴン」 小路幸也 HOME ちょっとお知らせ
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
更新中
RSS表示パーツ
ブログ内検索
読書メーター
カクテキさんの読書メーター
アクセス解析