忍者ブログ
本の感想
鬼
集英社
今邑 彩(著)
発売日:2008-02
おすすめ度:5.0

前3編はミステリ、後5編はホラーとして掲載されたものを一冊にまとめるにあたってミステリ部分に手直しをして内容をならした、と著者の言葉にある。
ジャンルにはこだわらない質なので私は気にしないですけれども。
今邑さんはデビュー作とあまり相性がよろしくなかったので以降読んでいなかった。
しかし怪しい装丁に魅かれて読んでみたところ、読みやすいのに嫌な感じにつきまとわれるがそれが嬉しいとでもいいましょうか(笑)。
どれも爽やかでない余韻が魅力的。
こう思ってしまうのは最近辛いことがあった私だけなのでしょうか。
ホラーというにはやさしく、ブラックというにはほのぼのといった曖昧さが私は好き。
タイトルになっている「鬼」は底に恨みが据えられていたらありきたりだけれど、鬼のみっちゃんにそんな気ゼロなうえ、待っている方も恐れとは違った感情であるところが心地よかった。
もしかすると敬遠していたのがもったいなかったくらい好みのものを書かれているのかも、とちょっと慌て中。

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
「おそれずにたちむかえ テースト・オブ・苦虫5」町田康 HOME 「ウはウミウシのウ」宮田珠己
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
更新中
RSS表示パーツ
ブログ内検索
読書メーター
カクテキさんの読書メーター
アクセス解析