忍者ブログ
本の感想
二枚舌は極楽へ行く (FUTABA・NOVELS)
「二枚舌は極楽へ行く (FUTABA・NOVELS)」
 [新書]
 著者:蒼井 上鷹
 出版:双葉社
 発売日:2006-10
 価格:¥ 860
 by ええもん屋.com

12のミステリ短編集。
話ごとの主要人物は違うけれども、どこかで前に読んだ誰かが登場してくる。
途中でストーリーよりも「これはアレの○○だ」を探している自分を発見。
ドラマを見ている自分のようだ。
つまり私の見方は一貫しているのだ!無関係なことを再認識。

肝心の本ですが、お話はスッキリと解決しているとはいえず、
どれもが少し嫌な余韻を残す。
そういうのは嫌いじゃない。
嫌な余韻を残す原因は各話の最後に記されている<参考>のせいかも。
私が無知なだけかもしれないが、関係性がよくわからない。
<参考>までは1話なのかも。
著者がインスパイアされたって意味のことなのかな。

私は他の本も読んでみたくなったけれど、どうでしょう?
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
「市民ヴィンス」ジェス・ウォルター HOME 「気になる部分」岸本佐知子
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
更新中
RSS表示パーツ
ブログ内検索
読書メーター
カクテキさんの読書メーター
アクセス解析