忍者ブログ
本の感想
トリガー
「トリガー」
 [単行本(ソフトカバー)]
 著者:板倉 俊之 (インパルス)
 出版:リトル・モア
 発売日:2009-06-29
 価格:¥ 1,575
 by ええもん屋.com

お笑いコンビ、インパルスの板倉さんの初小説。
ネタをやっているところはあまり見たことないのですが、「世界まる見え!テレビ特捜部」で時々見せる「悪さ」が好きなので読んでみました。
そうそう、この番組でエアガンやサバイバルゲームの趣味を披露してましたね。
銃の存在感は、その影響もあるのでしょうか。

2028年、国王制になった日本で犯罪を減らすために「射殺許可法」なる法律が制定された、という設定。
射殺許可法とは、各都道府県に一人「トリガー」という、全ての犯罪者に裁判なしで即刻死刑を下す人物が配置されるというもの。
支給される銃にはICチップが内蔵され、住民登録している都道府県から出るとロックされる等の決まりごともありますが、トリガーがどのように銃を使っても法的には問題なし、ということらしい。

章のタイトルが人名なので、それぞれのトリガー視点で話が進むのかと思ったら、時々違うので注意が必要(笑)。
ここは統一してもらったほうがよかったような気もするけれど、誰がトリガーかあえて明かさないようにしているのかしら?

志願者の脳波測定で、国王により近い者がトリガーに選ばれるらしいが、積極的に処刑するもの、射殺許可法に反対の立場のもの、銃の重圧で壊れてしまうもの、と様々なのは面白かった。
でも、アドレナリン分泌のタイミングや量までもが国王に近い者が選ばれたにしては違いすぎないか?という気がしないでもない。
そこが、まったく同じ人間なんていない、コントロールなどできない、ということの面白さなのかもしれないけど。

話がリンクを持っているような部分や、仮想世界のアイデアも好きだけど、「~拭っているのは汗だけではなかった~」に代表されるような表現は少し寂しかったかな。
でも次にどんなことを考えてくれるのか、たいへん興味があります。
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
「狛犬かがみ」 たくきよしみつ HOME 3月のまとめ
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
更新中
RSS表示パーツ
ブログ内検索
読書メーター
カクテキさんの読書メーター
アクセス解析