忍者ブログ
本の感想
やどかりとペットボトル
「やどかりとペットボトル」
 [単行本]
 著者:池上 永一
 出版:河出書房新社
 発売日:2006-11-16
 価格:¥ 1,260
 by ええもん屋.com

久しぶりに読了できた本です。

池上さんの本は初体験。それが小説ではなくエッセイ。
まあ、沈んだ心にも行き渡る面白さ。
幼少時のエピソードが最高。
これは本当にエッセイなのだろうか?と思うこと必至。
嘘じゃないだろうけれど、針小棒大っていうか針小丸太棒大ってところか。
算数の文章問題で「太郎さんも花子さんも食べ物しか買わないので飽きちゃう」ってくだりがツボ。
私も同じようなこと思って、文章問題嫌いだったなあ。

沖縄に触れているところも、同世代の人が生活の中で感じたままに書かれているので親しみが。

俄然興味がわいてきた池上さんだけれど、小説は読めるかなあ?(笑)
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
「配達あかずきん」大崎梢 HOME 「ボトルネック」米澤穂信
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
更新中
RSS表示パーツ
ブログ内検索
読書メーター
カクテキさんの読書メーター
アクセス解析