忍者ブログ
本の感想
配達あかずきん (ミステリ・フロンティア)
「配達あかずきん (ミステリ・フロンティア)」
 [単行本(ソフトカバー)]
 著者:大崎 梢
 出版:東京創元社
 発売日:2006-05-20
 価格:¥ 1,575
 by ええもん屋.com

本屋さんを舞台に、書店員杏子と大学生アルバイト多絵が5つの謎を解いていく。
舞台が舞台なのでそんな凶悪なことは起こらない。
警察が介入するのもあったけど。
何がいいって、本来あるはずの人間の善意、良心が感じられるってこと。
事の次第がわかった途端、一致団結する人たちに心の底からほっとする。
そんな意味で「パンダは囁く」やタイトルになっている「配達あかずきん」がお気に入り。
いつもすごいドラマばっかり見ているからかな?(笑)

身近に書店員がいますけど、本屋さんの毎日の仕事もさりげなくリアルに書かれているようで、書店員の共感度も高いらしい。

勝手に町の小さな本屋さんを想像してたので、お洒落な駅ビルに入っているというのはちょっと驚き。
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
「夢はトリノをかけめぐる」東野圭吾 HOME 「やどかりとペットボトル」池上永一
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
更新中
RSS表示パーツ
ブログ内検索
読書メーター
カクテキさんの読書メーター
アクセス解析