忍者ブログ
本の感想
ボトルネック
「ボトルネック」
 [単行本]
 著者:米澤 穂信
 出版:新潮社
 発売日:2006-08-30
 価格:¥ 1,470
 by ええもん屋.com

GFの死亡事故現場で眩暈に襲われ、同じように崖下に転落…と思ったら見慣れた街中。
首を傾げつつ自宅へ戻ってみると家には「姉」がいた。姉なんていないのに。

「自分の生まれなかった世界」へ迷い込んでしまうパラレルワールド物(そんな分野あるのか?)
主人公リョウは高校生。
青春小説といえばそうだけれど爽やかさはない。あるのは残酷さ。
相手は男子高校生だぞ。
「自分がいない」というか「自分がいなかったら」を見せ付けられ、どうするかな。
そんな世界を知らなければ生き方に間違いや正解があるなんてこと考えもしない。
「自分の劣等感を他人に投影してこき降ろして溜飲を下げる」この言葉、嫌だわ。
そういう自分が見えそうで。

米沢穂信さんの本は初めて。
鬱々としてくる話だけれど、嫌いじゃない展開です。
自分の選択がことごとく正しくない選択だったことを見せ付けられ、かといってやり直しができるわけでもない。
そのままリョウも読んでいるこっちも突き放されたような終わりを迎える。
このバッサリ感を楽しむのかな。
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
「やどかりとペットボトル」池上永一 HOME 「福家警部補の挨拶」大倉崇裕
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
更新中
RSS表示パーツ
ブログ内検索
読書メーター
カクテキさんの読書メーター
アクセス解析