忍者ブログ
本の感想
探偵綺譚~石黒正数短編集~ (リュウコミックス) (リュウコミックス)
「探偵綺譚~石黒正数短編集~ (リュウコミックス) (リュウコミックス)」
 [コミック]
 著者:石黒 正数
 出版:徳間書店
 発売日:2007-12-20
 価格:¥ 580
 by ええもん屋.com

「それでも町は廻っている」でおなじみの石黒さんの短編集。
読んだのは少し前だが、この中の「スイッチ」が「世にも奇妙な物語(フジテレビ系で3月30日)」の一話として放送されると聞いたので本ごと再読。
ドラマ化される「スイッチ」のストーリーは…。
メガネ転校生と親しくなった江草君が、彼から「僕はボマー、身体に埋め込まれた爆弾とどう向き合っていくか?という実験の被験者」と告白される。
起爆スイッチをどうするかはボマーの自由で、メガネ君は「最初の友だちに託そうと決めていた」ため、江草君の手に起爆装置が!さあ、どうする、江草君!!というお話。
これが学校生活と実験を融合した見事なサスペンス(笑)。
ドラマでは舞台は大学に置き換えられているようだ。見るかはわからないけど。

この短編集には「それでも町は~」が企画段階だった頃に描かれた「探偵綺譚」も収録されている。
歩鳥、紺先輩も登場するが微妙に設定が違う。紺先輩のアパート、あまりぼろくないし(笑)。
失踪した友人を捜す、探偵癖のある歩鳥がたどり着いた現実とは?とこちらもたいへん見事な探偵まんが。
「それでも町は~」が好きな方は間違いなく楽しめる、と思う。
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
歩鳥ちゃんですね。
そーですか!
こんなのもあったんですね!
早速探してみます。
「世にも奇妙な物語」は最近見てなかったんですが、見てみようかなあ・・・
せっかくなので、ブログでも紹介させて下さいね。
(本、見つかるかなあ?)
たちばな ますみ URL 2009/03/24(Tue)  07:53 編集
Re:歩鳥ちゃんですね。
たちばなますみさんなら喜んでいただけると思います♪
本はそれほど古くないのであるんじゃないかなと思いますけど。
ちなみにこれより少し前に別の短編集「Presentoforme」もあります。
ジョセフィーヌっぽいものが登場してたりしますよ。
【2009/03/25(Tue)  11:45】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
「嵐を走る者」T・ジェファーソン・パーカー HOME 「指し手の顔 上下 脳男Ⅱ」首藤瓜於
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
更新中
RSS表示パーツ
ブログ内検索
読書メーター
カクテキさんの読書メーター
アクセス解析