忍者ブログ
本の感想
追想五断章
「追想五断章」
 [単行本]
 著者:米澤 穂信
 出版:集英社
 発売日:2009-08
 価格:¥ 1,365
 by ええもん屋.com

見つけることを依頼された五編の小説、依頼主の手元にはそれぞれの結末、その本当の組み合わせがわかった時に二十数年前の事件の真相が見えてくるという、とても不思議であり興味深くもあるお話。
見つけ出された小説ひとつひとつの後味の悪さと、現実の結末が私には重なっているように見え、そこにもぐっときた。
この依頼に出会わなければ芳光の人生は違っていたはず、そう強く思う。
花が好きではない、咲くたびにまた一年が過ぎてしまったのだと、その一年を重苦しく感じる芳光の心が私にも痛かった。
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
「ボールのひみつ 野球、バレー、サッカー、バスケ、テニスetc.様々なボールの歴史や秘密」 HOME 「図地反転」 曽根圭介
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
更新中
RSS表示パーツ
ブログ内検索
読書メーター
カクテキさんの読書メーター
アクセス解析